怖い話らぼ−怪談・都市伝説まとめ−

怖い話をまとめたサイト。2ちゃんねるやホラーテラーの怖い話、意味がわかると怖い話、実話の怖い体験談、都市伝説などを毎日更新。3ヶ月に1度は怖い話のランキングも作成。

投稿者:あ現在8歳の娘が3歳だった頃。旦那の転勤で一軒家の社宅に引っ越しました。広い和室が3部屋、洋室が1部屋。洋室だけ違和感を感じましたが、妊娠中で娘の世話や片付けなどもあり、そのまま荷物を入れました。住み始めてから夜中にキッチンを歩く音が聞こえるので、夜勤 ...

投稿者:のん私には幼い頃から霊感?があります。それも、幼い頃には生きてる人と死んでる人の区別がつかないぐらいにはっきりと。そして話したりすることもできましたそんな私の体験談の中の一つを書いてみたいと思います。わかりにくいかもしれませんが、よろしくお願いしま ...

投稿者:のん伝えたいことの続きです。病院にいき祖母の部屋に入りました母と母の妹は他の親戚などに外で説明していました。病室の中には私と祖母機会の音だけが響いていました。母と母の妹を呼びに行こうとしたときでした。「頼んだよ」そう祖母の声が聞こえ外から母と母の妹 ...

投稿者:のんこれは怖いというより不思議な話かもしれません。わかりにくいかもしれませんが、よろしく、おねがいします。私の母方の祖母は若い人だった。祖父の再婚で母とは血の繋がりのない継母だから。その祖母にまつわる話です。私には昔から霊感?があり母からはそれを、 ...

投稿者:のん今回のお話はお墓にまつわる話です。全てが現実に起きた話なので怪談話のような期待できる終わりかたはできないかもしれません。それでもよければご覧ください。私がまだ10代の頃の話ですある友達から連絡があり助けてほしいとのことでした。霊感?や自分の力を他 ...

誤字脱があります字文章力はありません。納得いかない方は読まないでください。不明な点についてはお答えします。関東でも2,3番に大規模な団地に当時住んでいました。自分が住んでいた団地の近所の三人家族が九州に旅行中に海岸の崖から車が転落して全員死亡する事故がありま ...

投稿者:のんこのお話は今年の春頃私の友達におきた霊障にまつわるお話です。私自身は霊感の強さを心配した祖母のおかげである神社?のおじいさんのおかけで幼い頃に色々な事を教えてもらい霊障をうける事はそうありません。ある日の夜ふと頭の中に声が聞こえてきたのです「A ...

投稿者:のんこれは10代の頃の彼氏にまつわる話です。人を傷つけることの本当の恐ろしさを知った出来事でした。Bは自分のことばかり考えている人でした。自分の言動でもし誰かを傷つけたとしても気にもとめていませんでした。もちろん良いところもありましたが、いつかこの人 ...

投稿者:みつる深夜、奇妙な音が私の部屋の天井から聞こえる。1週間ほど前からだろうか。一晩中聞こえてくる。また今日も例の音が聞こえる。ザラ ザラ ザラ ザラーーー。バリバリ、ガリガリ、ザリザリ・・・・・・・・。毎晩、夜中の4時過ぎまでずっとこの調子である。結局 ...

投稿者:けんぞうこれは私の家内が体験した実話です。今から10年ほど前、当時まだ独身だった彼女は板橋区のとあるアパートで独り暮らしをしていました。古いアパートの1階。 6畳一間。ドアを開けると すぐに私道があり、それを挟んで向かい側には一軒家が並んでいます。会 ...

投稿者:フワフワピンポーン。実家にいる母との電話中に、私のうちの玄関で呼び鈴が鳴った。「うん、じゃあまた電話するわね。近々、帰るからね」あいさつもそこそこに、インターホンに向かう。ピーンポーン。また呼び鈴が鳴った。最近は物騒な事件も多い。事前に電話連絡のな ...

投稿者:ならけんぞうブログは楽しいものである。日記でもあり、掲示板の壁新聞のように、いつしかそこに集う人々を結びつける手段になったり。画像掲示板における丁々発矢(ちょうちょうはっし)も楽しいが、私はブログが持つ自由な雰囲気や、読者とのやり取りが心地よくそ ...

投稿者:フワフワいきなり話しかけられると、誰でもビックリするものです。私がこの街に引っ越してきて1ヶ月目のある日、自宅から駅へ向かっているときに頭上から突然こうやられました。「お嬢さん、たーすけてー!私のタマシイが悪いやつにとらえられているのー」見ると、目 ...

投稿者:44kiそれは、つい最近のことです。家の姉は、夜1時~4時ぐらいまで起きている事もあるのですが、1つの空間を襖で仕切ったような感じで、一方に姉と自分の部屋、一方に寝室という家でした。その日も眠れず、姉の部屋の方の襖から漏れる光に目を移しました。すると、襖 ...

投稿者:フワフワ私が小学生のころ、トランシーバーが流行った。私も一組のトランシーバーを持っていた。これを持っていろいろな場所に探検に行ったものだ。ある日、元ボーリング場の廃墟に潜入することになった。メンバーは僕(T)と友人のSくんとOくんである。僕(T)と ...

投稿者:とーこ私の夫が、何かに取り付かれているような気がしてならないのですが、気のせいでしょうか。つい先日、二人の結婚記念日に思い出の観光地へと出かけた帰りのことです。連休の最終日ということもあり、少し早目に帰宅の途についたのですが、あたり既に真っ暗。あえ ...

投稿者:シン長文失礼します。15年ほど前に体験した話。小学校を卒業し、春休みに入ってすぐ「腸感冒(ちょうかんぼう)」に罹った。(ちなみにこの「腸感冒」という病名は地元特有の呼び方で、全国的には普通に胃腸炎と呼ぶらしい、というのをケ○ミンショーで知り驚愕したww) ...

投稿者:しらとり初めて投稿するのですが、読んでくれる人いるのかな?茨城にある実家はある湖のほとりにあって、穏やかな湖を見渡すと、遠くに筑波山が見えて本当に風光明媚な所なんだ。ただ夜になるとあたりの雰囲気が一変する。家や街灯がほとんど無い田舎なので、夜はあた ...

町の外れに、ある夫婦が住んでいました。 その夫婦には、まだ幼い子供がいました。 ある日の事です。 外で遊んでいた子供が、泣きながら家に帰ってきました。 母親が心配して事情を聞くと、 「お化けに追いかけられたの」と子供は言いました。母親は不審者に追いかけら ...

投稿者:加藤医療従事者です。今日か明日かという厳しい状態の患者さんを受け持った日の夜、ふと夜中に目を覚ます事がありました。何でこんな時間に目が覚めたのか、と思った時に、その患者さんが脳裏をよぎります。やはり亡くなられたのか?その時、その方が生きてらっしゃる ...

↑このページのトップヘ