怖い話らぼ−怪談・都市伝説まとめ−

怖い話をまとめたサイト。2ちゃんねるやホラーテラーの怖い話、意味がわかると怖い話、実話の怖い体験談、都市伝説などを毎日更新。3ヶ月に1度は怖い話のランキングも作成。

投稿者: まりな私が新人看護師だった頃の話です。実体験そのままなので、オチもなく怖くはないと思います。病院あるあるとして読んで頂けたら幸いです。当時勤めていた病院では、朝に申し送りが終わると、環境整備と言って看護師みんなでお掃除に回っていました。端から順番 ...

投稿者: たま少し前、手術の必要があり入院をしました。手術が済んで、特別痛いこともなくて、なんだか安心して、前日までの緊張からも解かれていて気持ちよく眠りに落ちる境目の、少しだけ意識のあるタイミングでのことです。私の入院した病院は地域で1番大きな病院で、大き ...

大体どこの学校にも、一つや二つくらい怖い話があるやろ。俺の学校にもあった。実際戦時中の火葬場と墓場だったらしくて、工事の時には骨がゴロゴロ出てきたこともあったらしい。 大体はへーっていう感じで終わる話ばっかりなんやけど、一つだけマジで怖い話しがあった。実 ...

家族で旅行に行った時に、旅館の周りをブラブラ観光していたら、荒れ果てたお地蔵様があった。 別に俺達が掃除する義理もないので、そのままスルーしようとしたら、四歳の息子が急にゴミ拾いを始めたので、「偉いぞ!」と誉めて、少しして旅館に戻った。 夜、息子が寝た後 ...

ウチの従兄弟の叔母さん(母の姉)は、ちょっと頭おかしい人でね。 まぁ一言で言うと、「時々、昔死んだ彼氏が私を呼ぶのよ」って台詞を、親族で飯食ってる時とかに平気で言う人でね。 2年くらい前から、「離婚したい」が口癖だったんだ。 そいで、3月にその叔母さんの娘 ...

稲川淳二の『・・・からの電話』A、B、Cの三人が、卒業旅行でAの別荘に遊びに行った。 別荘から帰る前日、夜遅く三人で話をしていると、突然1本の電話が。 Aが言うには、昼間に地元の女の子と知り合い、この別荘の電話番号を教えたとのこと。 Aは二人にからかわれ ...

投稿者: 9言葉の通じない人30年ほど昔、山陰の寒村の話。友人から妙な話を聞いた。「公民館の裏手の山に向かってひょんげー!と叫ぶと返事が返ってくる」何も考えず、興味本位でやってみた。「ひょんげー!」絶叫した。すると、背の高い下生えの中から声がする。驚きつつ見 ...

投稿者:930年ほど昔、山陰の寒村の話。家の裏手の薮の中に「せんたくの家」と呼ばれる茅葺き屋根の家があった。高齢の夫婦が山羊と矮鶏を飼って暮らしていた。月に二、三度、せんたくの家に封書を届けるのが私の役目で、山羊の乳や菓子をもらったりして大変可愛がってもらっ ...

投稿者: 930年ほど昔、山陰の寒村での話。里山の木陰に穴があいているのを見つけた。地面にぽっかりと唐突に、ぼっとん便所の汲み取り口ほどの穴。木の根や枯れ草で奥は見えないが、かなり深そうだった。覗きこんでいると、奥から声が聞こえてきた。方言がきつくて理解でき ...

これはトラックの運転手をしている友人から聞いた話です。その時友人(A)は鳴子という場所を走ってた。その頃の仕事はとてもハードで、1.会社から荷物を積んで現場へ到着→2.会社に電話→3.そこの現場近くで違う荷物を積み、次の現場へ→4.次の現場へ到着→2に戻る てな具 ...

去年の夏に、小学生から付き合いのある友人の家に飲みに行っていた時の事。 霊感がない俺は本やネットで怖い話を読むのが好きで、その友人と二人で飲んでいる最中に心霊系の話になった。 俺がこんな話もあった、あんな話も聞いたことあると話し、友人も「それは聞いたこと ...

数ヵ月前の週末。腹減ったからリビング行ってお菓子食ってたのね。 で、母ちゃんはソファで昼寝してて、俺適当にテレビ観てた。 そしたら母ちゃんが寝言言い始めて、誰かに道案内してるみたいだった。 「はい、そうです。ここ曲がるんです」とか、「ここ左折です」とか。 ...

某神社に友人と参拝に行き、お守りを買い帰宅。私の家で友人と二人で駄弁っていたら良い時間になってしまい、うちに泊まる事になったんだ。 ちなみに家は3LDKのマンション。親と弟と同居。 私の家族が寝静まった深夜、ふと部屋のドアを見たら薄っすら開いていた。 建て付 ...

友人に神社センサーみたいな人がいる。 はじめて来た場所でも、地図も見ずにちょっと周りを見渡して、「あっちかな…」とか言って歩き出して神社にたどり着く。 道に迷ってふらふらしてたら神社に行き着き、興味をひかれてなんとなく道を曲がれば祠に出会う、そんな人。  ...

自分の今の実家は新築だけど安かった。いざ住んでみると、まあなんというか細々色々変な事がよく起こった。 ただ家族の誰も霊感的なものが全く無いからか、変な事が起こる家という以外特に感想もなく何十年も住んでいて、 ソレを起こす何かが単独なのか複数なのかわからな ...

彼女とデートの日、待ち合わせ場所へ向かう途中、携帯が鳴った。彼女からだった。 『今日は行けない。もう会わない方がいい』と言う。 理由を訊いたが答えない。しつこく訊くと、『会うと良くないことが起きる。私は生きてちゃいけないの』と言う。 納得できなかった俺は ...

もう十数年も前の話。当時小学生だった僕は、ファミスタというファミコンの野球ゲームが欲しくてたまりませんでした。 弟も欲しくて、2人で小遣いをためてやっと買える金額になり、僕が買いにいきました。 無事買って、弟が塾から帰ってくるのを待っていました。たった数 ...

自分の従兄弟で、特に霊感の強い女の子がいるのですが、本人に聞くと「ちっともいいことない」んだそうです。 違う従兄弟の結婚式に出席したとき、その子はずっと胸に何かを握り締めて、うつむいてるんです。最初は感極まってるのかと思ったんですが、そうじゃなかった。  ...

俺の実家は東北の超田舎にあるんだけど、数年に一度(具体的な年月日は省く)村全体で謝肉祭をやるんだよね。 その風習?が少し変わっていて、その年に7歳になる子供と16歳以上の未婚の女を別々の籠に入れて、普段は立ち入り禁止になっている山奥の祠?に閉じ込めるの。 ...

小さい時、親が共働きで一人で留守番する事がよくあった。 特に小学校の夏休みなんか、日中はだいたい一人で家にいた。 四年生の夏休み。 トイレ行って居間に戻ったら、知らないお爺さんが座って勝手に麦茶飲んでた。 「誰?」と聞いても答えない。 ちょっと怖いから自 ...

↑このページのトップヘ