怖い話らぼ−怪談・都市伝説まとめ−

怖い話をまとめたサイト。2ちゃんねるやホラーテラーの怖い話、意味がわかると怖い話、実話の怖い体験談、都市伝説などを毎日更新。3ヶ月に1度は怖い話のランキングも作成。

茨城県の常磐自動車道のとあるインターチェンジを降りてすぐの工業団地にあった工場での話。 その工場は夜勤者の交代が夜中の2時で行われていて、2時で交代して帰る途中の派遣社員が、単独での自動車事故で死亡した。 派遣会社の営業が現場に花を供えに行くと、事故現場 ...

怖くなかったらすまん。 自分ではものすごく怖いから、誰かに聞いてほしいだけ。 じいちゃんの予言の話。 じいちゃんは私が小学6年生に上がる直前に死んだ。 百か日も過ぎた頃、仏降ろし(ほとけおろし)というものをやった。 「えんじっこ」と呼ばれるイタコのような人 ...

おかんから聞いた怖い話。うちのおかんは自称霊感があると言い張るタイプの人間だ。 そんなおかんが結婚前東京で働いていた時の話。 ある日、送別会だか忘年会だか、とりあえず何かの飲み会があり遅くなったそうだ。 新宿からタクシーで帰ろうと思い待っていると、深夜2 ...

毎年、車に轢かれる友達のことを思い出した。当事者じゃないから少し具体性を欠く書き方になると思う。後、もし特定できても名前とかは言わないで欲しい。俺が子供の頃、どっかから小学校に引っ越してきた奴が居た。仮称として当事者の彼をA君と呼ぶことにする。彼は夏(7月 ...

これは大学生の頃、年末に帰省した時の体験談です。私の地元はそこそこの田舎で、駅付近こそビルが多く立ち並んでおりますが、少し離れると田畑が多く広がっています。私の実家も田畑に周りを囲まれる、といった形です。その日の夕方、確か夕飯よりは前だったと思います。私 ...

ネットカフェってあるじゃん? 3日間連続で利用したことがあったんだけどさ、36時間以上は連続利用出来ないから1度追い出されるのね。 今までマッサージチェアとかリクライニングチェアとかしか使わなかったから、寝るつもりもあってその時初めてフラット席にしたんだ。場 ...

霊体験じゃないからここに書いてもいいのか分からんけど書かせてもらいます。 若い頃とあるスナックに勤めてた。 基本的に客層の良いお店だったが、まれに変なお客さんもいた。 ある晩一人でふらりと来店したお客さんの話なんだけど、名前は名無しさん。 なぜ名無しなの ...

高校生の頃、夏休みで、22時くらいにすぐ近所の友達の家に出かけようとした。 毎日のように夜遅くにそこへ出かけ、朝方帰ってきていた。ダラダラしていた。 ある日、結婚している8歳上の姉が2歳の娘を連れて泊まりに来ていた。 母には「お姉ちゃん帰ってきてるんだから出 ...

これは、実話です。数年前、私は妹と二人で東京で二人暮らしをしていました。 元々は二人別々に部屋を借りていたのですが、二人の家賃を合わせると一軒家が借りられるという事に気付き、都心から多少離れてはいるものの、広くて綺麗な家を借りる事にしたのです。 ある日、 ...

10年くらい前の話だけど、母の職場に荷物届けに行った時のことを。職場の前に駐車場があるんだが、そこに止まっていた1台の車にふと目がいった。よくよく見てみると、後部座席にロングヘアの女性と金髪の若い男性が座っている。その二人を何となく眺めてたんだが、1分した ...

2週間ばかり前、晩に犬の散歩をしてて奇妙なことがあったんで書いてみるよ。雑種のクロという犬を飼っているんだけど、それまで世話をしていた息子が中学生になり、部活で自分より遅く帰るようになったので、それにつれて夕食の時間も遅れて、毎日散歩させる役目が回ってき ...

小学校高学年までうちは貧乏な田舎の家だと思ってたら、実は庄屋の家系で俺が産まれたのを境に没落したらしい。当時たまに偉そうに訪ねてくる爺さん(祖父の弟=大叔父)とこは、逆にそれくらいから一気に裕福になって、自分が本家のように振舞っていたんだと。そこに大叔父 ...

俺、病院勤務なんだ。で、患者さんの中に『予言者』ってあだ名の婆ちゃんがいるの。といっても、別に新興宗教みたく、うさんくさい予言とかするわけじゃないんだよね。その婆ちゃん、かなり重度の認知症(老人ボケ)で、ほとんど一日中寝てる。昼も夜もずーっと寝てる。でも、 ...

小4の時に体験した怖い話。Tちゃんのお姉さんは中学生で、首に腫瘍ができるとかいう小4にはよくわからない難しい病気で入退院を繰り返していた。家に遊びにいくとたまにお姉さんもいて、こんにちは、くらいは話したことがあった。 髪が長くて、いつもなんだか顔色が悪く、喉 ...

爺ちゃんは当時すごい田舎の山村に住んでて、村にはあまり評判のよくない医者が一軒しかなかった。それで爺ちゃんの知り合いの年配の男性が盲腸になって、しかたなくその医者に手術してもらったんだけど、膿の処置が悪かったとかで腹膜炎を起こしてしまったんだ。これは市の ...

同級生で柔道部仲間だった友人なんだけど、そいつ警察官やってて、仕事関係の怖い話。 高卒からすぐ警官になったそいつは、幸か不幸かすごい上司に気に入られていて、何かにつけては現場に駆り出されたそうで、その日も非番なのに深夜に携帯がなった。 線路の飛び込みがあ ...

怖くはないのですが、不思議な体験をしたので投稿します。 もうだいぶ前のことになりますが、当時私は金属加工の小さな工場を経営していて、折からの不況もあってその経営に行き詰まっていました。そしてお恥ずかしい話ですが、自殺を考えたのです。 もう子供たちは成人し ...

自分の親父と骨董の話を書きます。親父は紡績の工場を経営していましたが、何を思ったか50歳のときにすっぱりとやめてしまい、経営権から何から一切を売り払ってしまいました。これは当時で十億近い金になり、親父は「生活には孫の代まで困らんから、これから好きなことを ...

子どもの頃、ひい爺さんから聞いた話を書きます。 ひい爺さん(以下爺さん)は明治の早い時期の生まれで、しかも山村で育ったためいろいろと奇妙な風習を知っていて、自分が子どもの頃によく話してくれました。 爺さんの村では送り番という役回りがあり、これは三軒ひと組 ...

俺は今は大きなデザイン事務所に勤めてるんだけど、 専門学校を出てしばらくは、学校から勧められた冠婚葬祭会社で写真加工のバイトをしていた。 葬式の場合は遺影用としてスナップから顔をスキャンしてスーツ姿にしたり、 結婚写真の場合は全体的な修正などの仕事が多か ...

↑このページのトップヘ