怖い話らぼ−怪談・都市伝説まとめ−

怖い話をまとめたサイト。2ちゃんねるやホラーテラーの怖い話、意味がわかると怖い話、実話の怖い体験談、都市伝説などを毎日更新。3ヶ月に1度は怖い話のランキングも作成。

小学3、4年生くらいの頃の話です。「百物語をやろう」と、誰かが言ったのがきっかけでした。とはいっても、1人で何十個も怖い話を知ってるわけもなく、10名が1人10個ずつ話す事になった訳です。私も必死で怖い話を覚えて参加したんです。まあ100個と言っても、似たような(ほ ...

投稿者:りんご私が20年間生きてきて、初めて体験した怖いお話です。18歳の夏 当時付き合っていた彼氏(現旦那)と海へ1泊2日で遊びに行くことになりました。レンタカーを借り、宿や目的地は特に決めずに出発。とりあえず海のある方へ車を2時間ほど走らせ人気のあまりない ...

去年のお盆休みに、北海道の某有名心霊スポットのトンネルに友達と連れ立って行った時の話。ちなみに、マジ話なので、どこのトンネル?とか聞かないで欲しい。行って欲しくない。行って欲しくない理由は、後述しますです。で、男二人(俺含む)と女二人のバカ四人組が、某ト ...

元彼Yの体験談。Sと○○山にいった時、辺りを探検しようぜって話しになって、その辺歩いてたんだ。そしたら、洞窟?なんだったんだろあれ。とにかく穴があってさ、つくったものみたいだった。面白そうだったから入ったんだよ。そしたら、真夏だったんだけど、入った瞬間め ...

すぐ近くの家に住むオヤジ。20年位前は、よその子供のしつけにも厳しい、ちょっと怖いオヤジだった。最近は子供が少なくて、オヤジに怒られる子供はいなくなった。オヤジがだんだんヤバい癇癪を起こすようになってきて、親が子供を近寄らせなくなっているせいもある。しかし ...

まず母親に聞いた話。あたしが産まれる直前に、白い着物を着た昔の女の人があたしを抱いて竹林の中を走っていく夢をよく見たらしい。まだあたしが産まれる前だけど、母はそれを自分の子供だとわかっていて、「返して!返して!!!」と言いながら夢の中で必死で追いかけてい ...

私が大学生の頃。帰りにタバコを買おうと思って、足を止めたときのことでした。6、7歳位の女の子がそばに寄ってきたのです。「こんにちは」私は変な子だなと思いましたが、一応「こんにちは」と返しました。「なにしてるんですか」「何って、タバコ買おうとしてるんだけど ...

父方の実家での昔の話。俺がまだ5歳の時のことで、その頃はなんでそういうことが起きたかわからなかったが、いま考えると、その訳が分かるような気がする話。父方の郷里は和歌山県。内陸の方で海は無かったが、周囲は田んぼが多く、春になるとレンゲの花が咲き乱れる、素晴 ...

今からお話するのは、おそらく毎日、私の身の回りに起こっていた出来事です。それが日常だったから、気にも止めていなかったのに、ふと疑問を感じて確かめたために見てしまった、という私の体験話です。うちの両親は子供の夜更かしには厳しく、私達姉妹が子供だった頃は、夜8 ...

当時高校一年だった俺は、海辺の我が家から友人宅へ向かうべく歩いていました。時刻は午後九時をまわっていたでしょうか。住宅地とはいえ街灯も疎らで、薄暗い海岸近くの生活道路に、俺以外の人影は全くありませんでした。と、後ろから足音が聞こえてきました。何気なく振り ...

書こうかまよったけど俺の人生で起こった怖い話でもない不思議な話を一つ。俺が中学二年の夏休みに、いきなり仲の良い友達に「落としたら、拾えよ」と言われた。俺は何のことか良く分からないので、友達に「なにが?」と聞いたら無視された。それから、夏休みが終わり、学校 ...

兄が数年前、高速道路でバイク事故を起こした時の話。両足切断か死ぬかのどちらか、と宣告を受けたにも関わらず、どうにか両足とも生足で残り、しかも死なずに済みました。しかし受けた事故の衝撃で、自制と痛みの神経が離れて、わかりやすく言うと、痛みを感じない暴力団風 ...

私が警備員のバイトをしていた時の話です。転属先はとあるホテルで、夜間の勤務シフトは二人でやってました。そこで警備会社のNさんと知り合ったんですが、そのNさんが体験した話です。数年前、ある家電メーカーで働いていたNさんは、リストラされそうでした。そして出向 ...

夜の12時、合わせ鏡をやると悪魔を呼ぶと言われている。私は、この世と霊界の合わせ鏡をやってしまったんじゃないか、と思うことがある。5歳の頃だった。悪夢を見た。そのあまりの恐怖に目が覚めた。薄明かりの中、天井に吊された電球が見えた。そして子供ながらに、それ ...

俺が小学三年生のときの話。俺は東京生まれ東京育ちの江戸っ子なんだ。父も母も島根の出身で、夏休みのある日に母方の実家に帰った。久しぶりに会うじいちゃんとばあちゃんは、孫がかわいくて仕方ないらしく、俺と弟をしきりにかわいがってくれた。その家は特に変わったとこ ...

投稿者: ガガ 怖い話の本文: 私が高校生だった頃体験したことです。私の家は築30年ほどの日本家屋で小学4年生で母が父親と離婚してから買った一軒家です引っ越してからよく子供の足音が階段からしたり母が玄関を開ける音がして階段を登ってきた足音がしたので私が帰ってきた ...

母親に聞いた話。オレが赤ん坊の頃、家は仕事の関係で父親が不在気味の家庭だった。オレと母親だけで留守番することが多かったのだが、夜に母親がオレを寝かしつけて風呂に入ろうと傍を離れると、火が点いたようにオレが泣き出したらしい。尋常ではない泣き方に何事かと風呂 ...

投稿者: 美海親友の父親が亡くなって一周忌になったのを機にマンションを売ることになった。彼女は母親と二人暮らし。老いていく母親との生活を考えると駅や病院、役所から遠い今の住まいを手放して正解だと思った。引越は業者のお陰でスムースに片付き、その日から駅に隣 ...

1980年の4月。大学という大学を落ち、オレは予備校生の身となった。「浪人」という名の何者でもない19歳の男に、親はもう一度無駄な期待と金を使い、さして意味の無い「新生活」が始まった。3月の半ば、念仏のように「やればできる」と繰り返す母親に頷きながら、ダ ...

僕が小学生の頃、沖縄にいた時の話。僕はひどい寝不足に苦しんでいた。なぜなら、僕が住んでいたその家は、とにかく怪奇現象の絶えない家だったからだ。いったん眠りについたとしても、必ず夜中の1、2時ぐらいに目を覚ますしてしまう。そして、必死になってまた眠ろうとす ...

↑このページのトップヘ