これは、もう亡くなった曾祖父に聞いたお話です。
曾祖父が亡くなる数カ月前。どうしたことか、親戚を集めて色々な話をきかせてくれたのです。

幽霊船ってお話御存じですか?
私の実家は鹿児島県のとある離島なんです。
凄く田舎で、さらに曾祖父の時代ですから、電気とかもまだちゃんと通ってなかったような頃の話です。


ある日、曾祖父は知合いと漁に出たんです。嵐になりそうな日だったらしいです。
魚って、嵐の前とかって海でじっとしてるから、釣れやすいんですよ。
それで、どんどん釣れるので、どんどん沖に出て漁をしていたらしいのです。
知合いの船とはとっくに離れてしまって、もう見えなくなっていたみたいです。

そうしたら、急に風が強くなってきて海が荒れてきて、かなりやばい状態になったそうです。
(そのころはもちろん木舟です)
そろそろ帰らないとまじめにやばいと思って、帰ろうとしたそうなんですが、
魚がたくさん釣れるのに夢中で、島はかなり遠ざかっているのに気付かなかったそうです。
霧は濃くなってきたし、波は荒れてくるし、かなり覚悟をきめたそうです。

そうしたところ、霧のむこうから、なにやら大きな舟の影がみえたんです。
乗り移らせてもらえば助かる!そうとっさに思って、舟がこちらにちかづいてくるのを待っていました。
当時の木舟には、水が入ってきたときすくって捨てるように、杓子が備え付けられていたんです。
近付いてきた大きい舟の人が、上から杓子を渡すようにジェスチャーしました。
曾祖父は嫌な予感がして、とっさに杓子の底を割って、大きい舟に乗っている人に渡したんです。
そうしたらその人は、杓子で何回も曾祖父の舟に水をすくって入れようとするんです。
もちろん、底が割ってあるので水は溢れます。
曾祖父は気が長くなる程、ずっと大きい舟の人たちに杓子で水を入れられていたそうです。
(木舟って本当に小さいので、長い時間されるとやっぱり沈んでいくんでしょうね)

それから霧が晴れてきて、大きい舟はどんどんと遠くなっていきました。
曾祖父は必死に舟を島まで漕いで帰ったそうです。
沖ではみんなもう曾祖父はダメだろうと思っていたみたいなので、かなり吃驚されたそうですが。

最後に曾祖父が言ったのは、
「あの幽霊舟に、一緒に漁に出た知合いが乗っているのが見えた。そいつは帰ってこなかった」と言っていました。

それから数カ月して、曾祖父は亡くなりました。
それから、日本昔話で幽霊船の話をみて、凄くゾッとしましたよ(^^;)
本当かどうかは知らないのですけど、
実家の島は、毎年よく人が山で行方不明になったり、不思議なことがおこったりするみたいです。

 
引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?2