伯父に聞いた戦争中の話です。 
実家は長崎にあるのですが、伯父は原爆が投下された時には少し離れた市の親戚の家にいたので無事でした。 
戦争が終わってしばらくして実家に戻ると、家の裏にあった井戸が埋め立てられていたそうです。
なぜ埋めたのかときくと、被爆した人が何人か井戸に落ちたからだとか、もともと水が枯れた井戸だったので、
近所の坊さんを呼んでお経をあげてもらってから埋めちゃったそうです。

毎朝、井戸のあった場所にお水をかけるのが実家の習慣になったんだけど、
十数年経って少し生活に余裕が出てきたので、お正月にお酒をかけてあげたんです。 

夜になってトイレに行こうと外に出た伯父が(トイレは外にある)井戸のあった場所の方を見ると、
そこに赤ん坊を抱いた女性が立っていました。
ちょっと離れた位置にいたんですが、
その女性が「お酒ではなくてお水をください…」と言ったのがはっきり聞こえたとか。
伯父が慌てて水を汲んで戻ってくると、すでにその女性はいなかったそうです。


引用元:ほんのりと怖い話スレ その3