昔、父親に愛人が居た。 
数年後、母(父の妻)にバレして別れる事になったのだが、 
それが原因で、その愛人さんがちょっと精神的に不安定になり、 
私や私の姉達の通学路に立って、おかしな言動するようになった。 

姉達は彼女を最初から徹底して無視していたのだが、 私はなんだかかわいそうだったので、当り障りない受け答えしていた。

すると「○○ちゃんだけはいい子なのね」と、私にジェニー人形をくれる様になり、 
オモチャも服も全てお下がりONLYだった末っ子の私には、古いリカちゃんではない真新しいジェニーがとても嬉しく、
内緒で受け取って親に隠していた。 
でも、愛人さんは頭おかしいものだから、
こちらの都合も考えずに尋常じゃない数を(一度にジェニーハウス・ヘアサロン・ジェニー7体等)
通学路で押し付けてくる様になり、さすがに怖くなって彼女を避ける様になった。 

彼女の姿を見かけなくなったので、通学路を元に戻したある日の朝、 
以前の焦った様な雰囲気では無く、至って冷静で表情の薄い彼女に遭遇。 
つばの大きな帽子を被り、ボストンバッグ2つとオモチャの箱を抱えていた。 
「遠くに行かなくちゃならなくなったので、お別れに受け取って」と、 
当時は見た事がなかった、黒髪のロングヘアーのジェニーをくれた。 

早速学校に行き、その珍しい黒髪のジェニーを皆に自慢して有頂天になっていたら、 
男子の一人が奪って箱からむしり出し、首を引っこ抜いてしまった。 
女子数人がジェニーを男子から取り返してくれた。
そのジェニーの顎下からは、黒い人の髪がぼうぼうはみ出てた。 
気の強い女子の一人が毛束をつまんだら、最初に固く丸めた毛の塊がポコンと出て、 
次にゾロゾロゾロととても長い毛が出て来て、頭皮から毛束が連動してゾロゾロゾロゾロと抜けた。 
血の付いた毛根がついた、切り髪ではなく抜いた毛だった。 
囲んでそれを見つめていた一同、恐ろしくてめちゃくちゃに叫んだ。 
気持ち悪くて怖くて、私も皆もいたずらした男子も泣き出してしまい、次の授業がつぶれるほどの大騒ぎになった。

その日の学級会で、
「○○さんが通学路で“知らない女の人”から貰った人形に、人の毛が詰まっていて怖かった件について」話し合い、
「知らない人から物を貰わない・変質者には気を付ける」で話がついた。 
先生にも母にも父にも、『その変質者=父の元愛人』とは言えなかった。 

未だにジェニー、特に黒い髪のジェニーはまともに見ることも出来ない。


引用元:人形の怖い話ありませんか?(ΦДΦ)<一巻目