部室で無線機をチェック中に、「どうしても『SOS』としか聞こえない電波がFMに入るんだけど、どお?」と部員が聞いてきた。
その場に行くと、確かに長点・短点を連続3回クリックする音が聞こえる。
「間違い無いな!」とアンテナを振り、その方向は上越国境、信号強度は高い。
即座に顧問に連絡し車をだしてもらう。
警察には、確信も無いのでとりあえず報告は後にする。 

 電波の位置を特定する事をFXといい、われわれは車3台で渋川・沼田へ入り方向を確認。
3時間ほどかけてほぼ特定できたのが、谷川岳方向だった天神平。
駐車場へ車をいれると、平日の夕方ということもあり、止まっている車は少なかった。 

小型の無線機をポケットにいれて再度方向確認。
もうアンテナが無くても信号強度は強い。
3方向に分けて移動すると、先輩のbさんの無線機が飽和状態で、ハウリングを起こした。
通常こんなことは無いので、一同で驚く。
bさんに続いて登山道を入り、ほんの20m位でザックを発見した。
さらに見回したところ、男性の死体を見つけた。 
すぐに自分は取って返して、警察に連絡した。
こんなこともあるのかと一同興奮しながらも、警察がくるのを待った。

その時は誰も気がつかなかったが、もう無線機は音声を出していなかった。
当然、登山者が持っているものと、誰もが疑がわなかった。 
でもどうして?死体が電波を出すんだ?
警察も当然その事情を聞き、無線機を探したが、登山者は持っていなかった。

そしてその方は、死後2日はたっているといわれた。
こんな駐車場のすぐ近くで、誰にも見つからずいたのかと思うとふしぎだった。 
さらに捜索すると、沢の水の中からそれは出てきた。 
もちろん水没して使い物にならない。
ではいったい、誰が電波を出したのだろうか? 
もしやと思い、人数を動員して付近を捜索したかが、誰もいなかった。 
駐車場に残った車も、なくなった本人のものと確認され、登山カードも他にはなかった。

いったいだれが無線機で俺たちを呼んだのだろうと、
同窓会の度に話題になる、秋の日の思いでです。


引用元: ∧∧∧山にまつわる怖い話Part1∧∧∧