母と娘が旅行に行った。
娘はもうすぐ嫁ぐ身、最後の母子水入らず。 
ありきたりの温泉宿で、特徴は海に面した・・・それだけ。 

部屋に通されるとやる事がない。 
駅から続く温泉街の土産物屋はだいたい覗いて来たし、夕食までにはまだ時間があった。 
そこで二人はお風呂に行く事にした。「この先の廊下を行くとあります。今でしたら丁度、夕日が綺麗ですよ」 
女中さんはそう言って、忙しそうに戻って行った。 

言われた通りに進むと、一本の長い廊下に出た。左右にはバーや土産物屋が並んでいた。 
そこを通り過ぎて行くと、廊下は右に曲がっていた。 
その正面には『男湯』『女湯』の暖簾が。
中から音は聞こえない。ふたりで満喫出来そうだ。 

支度を済ませ浴場に入ってみると、案の定誰もいない。 
「うわー、素敵ねぇ」 
娘は感嘆の声を挙げた。
正面は全面開口の窓、窓に沿って長方形の湯船。 
その窓の外には夕日に光る一面の海。 
二人は早速湯船に入った。

娘は湯船の右奥が仕切られているのに気付いた。1メートル四方程の小さなもの。 
手を入れてみると、飛び上がるほどの熱い湯だった。 
「きっと足し湯ようなのね」
母の言葉で、娘は途端に興味を失った。 

風呂は全く素晴らしいモノだった。 
湯加減、見晴らし、なにより二人きりの解放感。 
窓と浴槽の境目には、ちょうど肘を掛けるくらいの幅があった。 
母は右に、娘は左に、二人並んでたわいもない話をしていた。 
ゆっくりと優しい時間が過ぎて行く。 

その時、母は突然悪寒を感じた。 
自分の右の方から、冷たいモノが流れて来るのを感じたのだ。 
普通ではない、なぜかそう直感した。 
あの熱い湯船の方から、冷たい水が流れてくる等ありえない。 
それに視線の端に、何かがチラついている気がしてならない。 
急に恐怖感が涌いて来た。 
それとなく娘の方を見てみる。 
母は血の気が引く思いがした。 
娘の表情。これまでに見た事のない表情。
しかも視線は自分の隣を見ている。 
口はなにかを言おうとパクパク動いてるが、声は出ない様子。 
母は意を決して振り返って見た。 
確かに誰もいなかったはず。また、後から誰も入って来てはいないはず。 
が、自分の右隣には見知らぬ女がいた。
しかも、自分達と同じ姿勢で、肘をついて外を見ている。 
長い髪が邪魔して表情まではわからない。
しかし、なにか鼻歌のようなものを呟きながら外を見ている。 
「おか、あさん、その人・・・」 
娘はようやく声を絞り出した。 
「ダメ!」 
母は自分にも言い聞かすように声をあげた。 

母の声に娘はハッとして、口を押さえた。 
そう、別の客かも知れない。そうだとしたら、あんな事を言うのはとても失礼な事だ。 
けど、誰かが入って来たなら気付くはず。ましてや、自分達のすぐ近くに来たなら尚更だ。 
やっぱりおかしい。
そう思って母の方を見ると、さっきの女はいなくなっていた。 
しかし母に視線を合わすと、今度は洗い場の方を指指している。 
そこには、出入口に一番近い所で、勢いよく水をかぶるあの女。 
何杯も、何杯も、何杯も、水をかぶっている。 
娘は鳥肌が立った。 
正に鬼気迫る光景だった。 
母の顔色も真っ青になっている。 
「もう出ようよ」小さな声で母に呟いた。 
「けど、もしあれなら、失礼になるんじゃ」 
母も気が動転しているようだった。 
「それに」 
母が続ける。 
「私、あの人の後ろ恐くて通れない」 
そう言う母は恐怖からなのか、少し笑みを浮かべていた。 

母のその一言で、娘は気を失いそうになった。 
自分も同じ。恐くて通れない! 
「じゃ、どうするの?助け呼ぶ?」 
「だから、普通のお客さんだったら・・・」 
そう答える母にもわかっていた。あの女は異常だ。 
第一あれだけ勢い良く水をかぶってるのに、水の音が聞こえてこない。 
「こわいよ、どーするの、ねぇお母さん」
娘は半泣きになっていた。 
「とりあえず、ここで知らんぷりしときましょ」 
母はそう言い、また外を見た。 
私が動揺してたんじゃ・・・自分に言い聞かせながら。 

不思議だ、さっきは水の音なんて何一つ聞こえやしなかったのに、背後からはザバーッザバーッと聞こえてくる。
娘は気付いてるのだろうか? 
問うてみるのも恐ろしく、身を強ばらせるばかり。 
その時。突然水をかぶる音が止んだ。 
娘にも聞こえていたようだ。止んだ瞬間に、顔をこちらに向けて自分を呼んでいる。 
娘は泣いていた。

けどお互いに顔を見合わせるばかりで、振り返る勇気がない。 
ただただ出て行く事を望むばかり。 
そのまましばらく時間が過ぎた。 

「出て行ったみたい」 
母は娘の方に視線をうつした。
娘は静かに下を向いていた。ただたまに、しゃくりかげるのが聞こえる。 
「ほら、もう大丈夫だから、ね、もう出よう」 
母の優しい声に諭され、娘はゆっくり顔を上げた。 
よかった、心の底からそう思い母の方を見た。 
母の後ろ。熱い湯の入った小さな湯船。 
そこにいた。
髪の長いあの女。 
熱くて入れるはずなんかない湯船の中に。 
湯船一杯に自分の髪を浮かべて。顔を鼻から上だけ出して。 
娘を見て、ただじーっと見つめて。 
そしてニヤリと笑った。 
「ギャー!」 
娘は絶叫して母にすがりついた。 

母は娘が何を見てしまったのか知りたくなかった。 
寄り添う娘の肌は冷えきってしまっている。 
「出よう、おかしいもの。歩けるでしょ」そう言いながら娘を立たせた。 
早く、早く。もどかしくなる。
水の中がこんなに歩き辛いなんて。 
それでもなんとか湯船をまたいで洗い場に出た。 
娘は顔を覆ったままだから足元もおぼつかない。 
出てしまえばもう大丈夫、突然安心感が涌いて来た。 
母は最後に湯船を返り見てしまった。 
そこには。あの女が立っていた。 
長い髪から水をポタポタ垂らしていた。 
下を向いたまま立っていた。窓一杯のとこに立っていた。 
ここで母はまた背筋を寒くする。 
立てるはずなんてない。 
窓と湯船の境には、肘をつくのがようやくのスペースしか無いのだから。 
浮いてる?
そう言えば女の体は微かに揺れている気がする。
湯煙でよくわからない。 
母も叫び声を挙げてしまった。 

二人は駆け出した。 
体なんか拭いてられない。 
急いで浴衣を身に付けると、自分の持ち物もそのままに廊下に飛び出し、一番手前にあった寿司バーに駆け込んだ。 
「なんかいる!なんかいるよ、お風呂に!」 
娘は大声で板前さんに叫んだ。 
最初は怪訝そうな顔で二人の話を聞いていた板前さんも、次第に顔が青冷めていった。 
「その話、本当なんですよね」
「こんな嘘付いたとこでどうにもなんないでしょ」 
娘はバカにされた様な気がして、思わず怒鳴りつけてしまった。 
それに母も続けた。
「私も確かに見てしまいました。本当です」 
母のその一言を聞いた板前は、どこかに電話を掛けた。 

しばらくすると、ここの女将さんらしき女性がやって来た。 
すこし落ち着きを取り戻した母子は、なにか嫌な事があったのだな、と直感した。 

女将さんは軽く挨拶をすると、ゆっくり話しはじめた。 

5年程前、一人の女がこの旅館にやって来た。 
髪の長い女だった。 
なんでも、ここで働きたいという。 
女将は深刻な人手不足からか、すぐに承諾した。 
しかし、女には一つだけ難点があった。 
左目から頬にかけて、ひどい痣があったのだ。 
「失礼だが接客はして貰えない。それでも良い?」
女将は聞く。 
「構いません」
女はそう答えて、この旅館の従業員となった。 

女はよく働いた。 
それに、顔の印象からは想像出来ない明るい性格であった。

ある時、女将は女に痣の事を聞いてみた。 
嫌がるかと思ったが、女はハキハキと教えてくれた。 
ここに来る前に交際していた男が大酒飲みだった事。 
その男が悪い仲間と付き合っていた事。 
ひどい暴力を振るわれていた事。
「その時に付けられた痣なんです」
女は明るく答えてくれた。 
「そんな生活が嫌になって、逃げて来たんです」
そう言う女の顔は、痣さえなければかなりの美人だったらしい。 

それからしばらくして、この旅館に三人のお供を引き連れた男がやって来た。 
そして、ある従業員に写真を突き付けた。 
「こいつを探している」 
あの女だった。 
もちろん「知らない」と答えて追い返した。 
しかし、ここは小さな温泉街。きっとわかってしまうに違いない。 
そう考えた女将は、方々に手を尽くして女を守った。 

しかし女は恐怖で精神が参ってしまった。 
あんなに明るかったのに、ほとんど口を聞こうとしない。 
女将は心配したが、女は大丈夫と言うばかり。 

ある日、定時になっても女が出勤して来ない。 
電話にも出ないし、部屋にもいない。 
結局どうにもならないので、無断欠勤という事にしてしまった。 

ところが。 
「大変。女将さん大変よ!」 
何事か。従業員に連れられて向かったとこは、風呂場だった。 
そこに彼女はいた。
窓の外、向かって右に立つ大きな松の枝に首を吊っていた。 
急いで降ろしてやったがすでに死んでいた。 
悲しい事に、おそらく女は死ぬ前に髪を洗っていたようだ。
自慢のタネだったのだろう。
まだシャンプーの匂いが漂っていた。 

不吉だという事でその松は切り倒された。 
髪の巻き付いた長いロープと一緒に寺で燃やして貰った。 

「・・・それで、彼女がぶら下がっていた場所というのが、
 お客さんが、その『何か』をご覧になった場所だったんです」 
女将さんはそう言いながら、母の目をみつめていた。