戦後すぐのお話。

哲夫という田舎の青年が、カメラマンに成る為に上京しました。 
哲夫には幸恵という恋人がいました。 
幸恵は両親の反対を押し切り哲夫と一緒に上京、貧しい同棲生活が始まりました。 
貧しいながらも、二人は肩を寄せあい幸せでした。 しかし、哲夫の仕事が上手くいきはじめると、彼は外に女を作り、毎晩飲み歩くようになりました。 
そんな生活が2ヶ月も続くと、彼女は何も言わずに故郷に帰っていきました。 

それから数日して、故郷の友人から彼女の自殺を知らされました。 
友人『お前な~葬式くらい出てやれよ』 
哲夫「だめなんだ今いそがしくて。それより自殺の理由って何なんだ?」
友人『分かってるんだろ。兎に角!線香の一本もあげないなら絶交だからな!』 
ガチャ

哲夫は嫌々ながらも故郷に帰る決心をしました。 
しかし、彼が幸恵の実家に着いたのは、葬式から3日後の夕方でした。 
とりあえず土下座しよう、殴られるくらいは仕方ない。
そんな事を考えながら彼は玄関を開けました。 
「こんばんは~、哲夫です」
しばらくすると、奥から足音が聴こえてきました。 
「いや~遠い所よくきたねえ~」
彼は両親のあまりに明るい態度に少々驚きました。 

父「さあさあ、そんな所に立ってないで上がって上がって」
哲夫「ハイ、あの~今回のことはなんとお悔やみしていいのか」
父「うんうん」
あれ?オカシイな。幸恵が帰郷した理由は聞いてないのか。 
自殺の理由は俺だと知らないのか。
父「晩飯食べていくだろ?」
哲夫「いや…でも…」
父「まあいいじゃないか。娘の東京での楽しかった話でも聞かせてくれよ」
哲夫「わかりました。御馳走になります」

哲夫は仏壇で拝みながら、「お前、なにも死ななくても」と話しかけました。 
どうやら俺が他に女を作ったことは知らないらしい。
お父さんが俺を見る時の目も、敵意どころか本当に親しんでいる。 
こんなことなら許してやるんだった、というところかな?
父「飯ができたぞ。まあ一杯やりながら向こうでの生活を話してくれ」
哲夫「はあ…」
哲夫は楽しい話だけをしました。自分の非がばれないように。

父「今日はもう遅いから泊まっていきなさい」
哲夫「いや…でも…」
母「夜は危ないですから」
哲夫の家までは歩くと1時間もかかる。道も鋪装されてないし明かりもない。
哲夫「じゃあお言葉に甘えて」
哲夫は幸恵の部屋で寝た。
幸恵は遺書もなにも残さなかったのか。 
それで両親は、自分達が反対したからだと思い込んでる。それならそれでいい。 
哲夫は旅の疲れで深い眠りにつきました。 


「ぎやああああああああ~~!」
明け方、けたたましい悲鳴で目が覚めた。
幸恵の両親の部屋からだ。 
何が起こったんだ!? 
哲夫は両親の部屋を開けた、そこには…。 
幸恵がいた。正確に言うと、幸恵の遺体が。
哲夫「一体何ですか?」
父「わ…わからん!朝起きたら隣で寝てた」
哲夫「????????!!」
父「一体誰がこんな酷いことを」

その日は大変な一日だった。 
幸恵の遺体を再び土葬し、駐在所のお巡りさんの尋問をうけ、気がつくと夜になっていた。 

両親が不安だと言うので、もう一晩泊まることにした。 
まさか…幸恵が自分で…。
いや…そんなことあるはずがない…。

「ぎゃああああ~~~~」
明け方、また例の悲鳴で目が覚めた。
両親の部屋に行くと、また幸恵がいた。 
遺体は腐乱し始め、ウジ虫が目からはい出している。美しかった幸恵の面影はない。
母親は発狂していて、父親は恐怖と怒りで声が出ないようだった。
哲夫は幸恵に遺体にこんな酷い仕打ちをする犯人に、むしょうに腹が立った。

哲夫「お父さん…犯人を捕まえましょう!」
父「どうやって?」
哲夫「僕は昨日ねる前に、戸締まりをしっかりしたんです! 
 だからこの家に他人が入るのは不可能なんです!一箇所を除いて」
父「一箇所?」
哲夫「はい、この家の玄関です!あの引き戸は軽く叩くとカギが外れてしまうんです。
 だから犯人は、どうどうと玄関から」
父「…」
哲夫「今夜僕は玄関で寝ないで番をします」
父「ありがとう…たのんだぞ」

哲夫は玄関にカギをかけ、玄関に腰かけ犯人を待った。 
1時…2時…3時…。
この二日間で哲夫の疲労は頂点に達してした。 
哲夫は知らず知らず眠っていた。 

どれくらい眠っただろう、自分の足に当る何かに気がつき目を覚ました。 
ゆっくり目をあけると、目の前に足があった。臑の部分が自分の足に当っていた。 
「犯人…だ…」
哲夫は犯人がこんなに近付いたことに恐怖を感じたが、冷静に状況を考えた。 
足は1…2…3…4…四本、二人いる。 
哲夫はゆっくりと顔をあげた。
そこには空ろ目で哲夫を見下ろし、幸恵を担ぐ犯人がいた。
幸恵の両親が。
「いつになったら…謝るつもりだ?」


 ほんのりと怖い話スレ その4