高校生の頃に霊感が一番ピークだった弟の話。 

弟には小さい頃から霊感の強い友達がいる。(仮にAとする)
その日、学校帰りにAの家に遊びに行く途中の事。 
なにぶん田舎なもので、近くにコンビニすらない。 
しかし、家には飲み物もないということで、自販機で買うことに。 
その場所は、Aの家まで100㍍もない一本道の途中である。 

自販機の前でAが「何にする?」と聞いてきた。弟は「コーラ」と答える。 
小銭をじゃらじゃら用意して、いざ買おうとしているAの手が不意に止まった。 
「ん?」と思って見ていると、Aがゆっくりと首を左手に回した。 
一本道の周りは田舎らしく田んぼだらけだが、そこだけはちょっとした空き地になっている。 
とにかくAはその後、すぐに弟の方を向きなおした。
その顔をみて直感した。見たな、と・・・ 
ヤバイと感じたが、弟も左側に目を向けた。 
女だ。真っ白な着物を着ているようだが、その姿は透けている。 
女はそっぽを向いていた。弟は更に目を凝らす。 
どうやら胸に何かを抱いているようだ。
何かに包まれている・・・ん?赤ん坊か?そう思った瞬間、胸に抱えたそれは赤に染まった。 
そして女は、少しずつこちらに首を向き始めた。 
Aがその間に急いで自転車に戻ったところで、二人はその場を一目散に逃げた。 

家に無事帰りついたところでAが語る。
「恨みの念がいっぱい伝わってきたな・・・」
それは弟にもわかった。
弟はあせった。あの道は一本道、帰るにはあそこを通る以外ない。 
しかし、Aが見たのは初めてだと言う。 
当然のようにその日は、お泊りになりました・・・。


ほんのりと怖い話スレ その5