ある高校に、ちょっとした怪談が流行った事がありました。 
「校舎の横に植えてある手前から四番目のポプラの木を、夕暮れ時に見に行くと、
 頭蓋骨が転がっている事があり、それを見た人は24時間以内に死ぬ」
という物でした。 
怪談を本気で信じて寄り付かない生徒、面白がって見に行く生徒と生徒たちの反応は様々でしたが、 
実際に何度か見に行った生徒が何も見ていなかった事等から、 
一ヶ月程経つと、もうそんな怪談はよくある噂話として忘れられていました。

そんなある日の事、野球部員のH君がポプラの木のほうに飛んでいったボールを取りに行った時です。 
ボールを取りに行って一分と経たない内に、H君は血相を変えてみんなの所へ戻って来ました。 
先輩「どうしたH、ボール見つからないのか?」 
H「それどころじゃないですよ、先輩!
 頭蓋骨が……頭の割れた頭蓋骨が、ポプラの木のところに落ちてたんですよ!」 
先輩「はぁ?お前何言ってるんだよ?大嘘ついてないで、さっさとボール捜して来い!」 
H「違うんです、大嘘とかじゃなくて本当に…… 
 間違いありませんでした、頭蓋骨が落ちてたんですよ! 
 誰かが悪戯で偽者を置いたのか何だか判りませんけど、薄気味悪いから先生に言ってどかして貰って下さいよ…」
先輩「おいおい、本当かよ……じゃあ俺から先生に言っとくからさ、 
 しかし、いるんだなぁ今時そんな悪趣味な悪戯する奴…ってオイ一年、見に行こうとしてるんじゃねーよ! 
 下らない悪戯なんか忘れて試合の続きだ!いいな!」
こうして、悪質な悪戯だと言う事で試合はすぐに再開されたのですが……。

その日の部活の帰り、H君は野球部顧問のS先生に呼び止められました。 
S「おいH、お前何のつもりだ?先生をからかって楽しいのか」 
H「な、何の事ですか!?」 
S「とぼけるなよ、ポプラの木の下に頭蓋骨も、それっぽい置物も何もなかったぞ! 
  あれからすぐに見に行ったんだ、間違いない」 
H「そんな…僕は確かに…」
S「言い訳は生活指導室で聞く、いいな!」 
H君は先生の意見に真っ向から反論したせいで、長々と二十分も説教されました。 

その日の帰り道、H君は事故にあって亡くなりました。 
スピード違反の乗用車に当て逃げされた後、後続のトラックに頭蓋骨を砕かれたそうです。 

彼が見た頭蓋骨は、彼自身の避けられない未来を見せていたのでしょうか……。


ほんのりと怖い話スレ その5