4月の統一地方選挙で、某候補者のウグイス嬢をしました。 
そのとき私はマイク担当ではなく、手振りに専念していました。 
手振りは、候補者を支持してくださる方が自ら振ってくださる手をもらさず目で捉え、
「ありがとうございます」と手を振り返すことと、
もうひとつ、興味半分でもこちらへ視線を向けてくださった方に手を振り、
どれだけ笑顔で返していただけるか、手を振り返していただけるかの行為です。 生憎の雨で人通りが少なく、そんなときは失礼とは思いながら、屋内へ目をやることが多くあります。 
あるおうちの二階の窓のカーテンが開いていました。 
天井がクロス張りであることも判る距離でした。 
その窓の下方に、小学低学年位の女の子の顔が見えました。 
ちょうど顎から上だけ。首は窓枠に遮られて見えません。 
子供さんはにっこり笑ってくださることが多いので、彼女に向けて手を振りました。
彼女の反応はありません。
私の乗る遊説車は徐々に通りすぎ、間もなく彼女の姿も見えなくなるであろう頃。 
彼女は頭を揺らし始めました。窓から見える頭だけ。
表情はなく、ただ頭が揺れています。手でバイバイをするように、窓に平行に、かなりのスピードで。 
そのまま彼女の姿は私の視界から消えました。

子供のいたずらだったのかもしれません。 
でもあの無表情さ、ほんのり怖かった。


ほんのりと怖い話スレ その12