同級生で柔道部仲間だった友人なんだけど、そいつ警察官やってて、仕事関係の怖い話。 


高卒からすぐ警官になったそいつは、幸か不幸かすごい上司に気に入られていて、
何かにつけては現場に駆り出されたそうで、その日も非番なのに深夜に携帯がなった。 
線路の飛び込みがあり即死、死体の欠損がひどくて、
踏切そばの川に部位が落ちてる可能性があるから、川をさらえとの事だった。 春先の水もまだ冷たい時期、最悪だわマジで…と思いながら現場へ飛ばして、着いた時は深夜の3:30くらいだった。 
既に到着してる先輩方は案の定くわえタバコで駄弁っていて、川の中へは誰も入っていなかった。 
「医者が来て死亡確認する迄にみつけてねー」とか言われて、友人は探し始めた。

死体は轢かれた後に車輪に巻き込まれ、両足が膝から下がなかった。 
右足と靴は見つかったが、左足が見つからない。 
こりゃあ明るくなる迄は無理かなーと思ったら、
川のの上から「もっと下流ですね、橋からもっと下流!」と声が聞こえて、
見上げると医者が指をさしてる。 
「ご苦労様です!すぐ見つけます!」 
見つかる前に医者が到着してしまったか、いびられないといいけど…と思いながら、
車一台通れるくらいの小さな橋をくぐって下流へいくと、草むらの中に欠損した足を見つけた。 
「すみませんねえ!」 
医者の声に「いえいえ、どうもありがとうございます!」と言い、川からあがった。 

すると、医者がいない。 
向こうと合流したのか?と思い部位を持っていくと、医者はまだ着いてないとの事。 
彼はもしやと思い、死体の持ち物から免許を見せてもらった。 
暗くてよく見えなかったが、眼鏡をかけた男だった。
「似てるわ…」


医者は明るくなってからようやく来たが、 
その後、家族などと連絡を取り調べて行くうちに、自殺者が薬品販売の営業マンと言う事が分かった。 
開発畑から営業に回され、厳しいノルマでノイローゼ気味だったらしい。 
遺族にこの体験を話すと、「白衣の方が良かったなー」と口癖の様に言っていたそうだ。 
「医者と見間違えた白衣の男は、白衣を着ていたかった自殺者だったのかもなぁ」と友人は言った。 


「事故物件とかの現場はよく有るんだわ、でもねえ、
 本当に身の毛もよだつ様なのは、生きてる人間の方がよく起こすよ」 
その話はまたの機会に。 


何でもいいから怖い話を集めてみない?