高校生の頃、夏休みで、22時くらいにすぐ近所の友達の家に出かけようとした。 
毎日のように夜遅くにそこへ出かけ、朝方帰ってきていた。ダラダラしていた。 

ある日、結婚している8歳上の姉が2歳の娘を連れて泊まりに来ていた。 
母には「お姉ちゃん帰ってきてるんだから出かけなくてもいいでしょ」なんて言われたのだが、
約束があったので聞く耳をもたず玄関まで逃げた。 
母は「なんなのよもう~」なんて言いながらも玄関まで見送りに。 
その時、姪っ子が母にくっついて玄関にやってきたんだけど、 
姪っ子が突然俺に向かってお婆さんみたいな大声で、 
「アンタこんな時間に何してるんだ!いつも何やってるんだ!」と怒鳴った。 

 

姪っ子の顔は鬼婆みたいな怖い顔。俺と母はあまりの驚きで固まってしまった。 
続いて、「ちょっとは勉学に励んで親のことも大切にしないとだめだ!」と。 
すごいダミ声で、2歳児の声でないことは誰にでもわかる。
俺と母は顔を見合わせてポカーン。 
すぐに姪っ子は普通の状態になり、「おでかけどこ行くの~」と言った。 
顔も普通の表情に戻っていて、何ら不思議はない。 
母は姪っ子に「Kちゃん、今何を怒ったの?だいじょうぶ?」と言うと、 
「アタチ怒ってないよ~、おでかけ見送りにきたんだよ~」と、全く覚えてない様子でキョトン顔。 
そこへ姉が「あんた出かけるの?」なんて言いながら来て、母は今あったことを興奮して説明した。 
すると姉は、
「ああ、この子、前にもそれ1回あったんだよね…
 うちの旦那酒呑みでしょ?ちょっと前、連日のように泥酔して深夜に帰宅してたの。 
 旦那帰って来たら、寝てたこの子が起きて来ていきなり怒鳴ったのよ。 
 そのときは男の声でさ、旦那も私も唖然としてたよ!」

ちなみに、我が家はそのときは祖母が健在だった。
俺を怒ったのって誰?


何でもいいから怖い話を集めてみない?Part3