高校の頃の話。

冬休みの最後の日の夕方に一人で家にいたら、友人3人が訪ねてきた。
そのとき両親ともに旅行(というか弟のクラブの遠征の付き添い)で家にいなくて、「なんなら泊まろうぜ」ということで泊めた。
明日が学校なので気が引けたけど、親友と言ってもいいぐらいの友人達だし、
どうせ始業式と提出物だすぐらいだろうからオールすることにした。

たしか夜の9時くらいまでビデオ(録画)のバラエティ見て、狭い風呂に4人一辺に入って、はしゃいでた。

そんで友人の中のだれかが「怖い話しようぜ」ということで電気を全て消し、豆電球一つだけつけて俺の寝室で円になった。
一人ずつ話していくのだが、やっぱり皆話下手で俺も含めて全然怖くない。

俺と友人2人は『ほんコワ』に出てたベタな話をしたんだが、一人だけ全然聞いた事のないような話。
これも結局は全然怖くないんだが、要約すると、
・生き霊がいます 
・死霊がいます 
・死霊は生き霊を連れていきます 
・付いて行った生き霊はやがて死霊になります 
・また新たな生き霊を探します 
とまぁ全然怖くないし、当時は「意味わからん」とさえ思った話。

で、夜が明けて眠いまま学校の準備。
友人2人は学校の用意を持ってきていないことに今さら気付き、一旦家へ。
もう一人友人はなぜか学校の制服にすでに着替えてた。
「はやwww」と言ったら、意味深に「遅いよ・・・」とだけ小さく言ってたのをよく覚えてる。

とくに気にせず一緒に学校へ。
眠気でフラフラしてたら友人が手を引き早足になる。
手を引いてるからか「気持ち悪」と思ったが、そんなことよりも友人の必死さの方が気になってとにかく付いて行った。
すると目の前に、家に帰った友人2人が手をふって「はやく来いよ!」と叫んでた。
俺も「だからか!」と納得し、友人と一緒に走った。
そしたら急に「コラ!!」という怒号と共に、ごついおっさんに止められた。
「??え!??」となったが、ここで初めて気が付いた。
ここは踏切の目の前だった。 
寝てないせいなのか、ほんとに「ここまで気付かないのはありえないだろ」と自分でも思うくらいまったく分からなかった。
しかも電車が走っていた。
こんなことってあるのか?!と思ったが、
よく見たら友人は電車が通る前に渡ったのか、いつの間にか向こう側で友人2人と学校に向かってた。
そんで電車が走ってる間なんか説教されてたかもしれないけど、友人たちが気になってそれどころでもなかった。

俺も電車が過ぎた後急いで付いて行ったが、全く止まってくれる気配がない。しかも一言もしゃべってなかった。 
「なんだよ。ちくしょう」と思いながら、そのまま学校に到着してしまった。
友人3人そのまま教室に入ってしまった。 
おれも次いで「なんだよお前らwwwwふざけんなよ!www」と言いながら教室に入ったら、3人の姿が無かった。
「あれ?」と思ってあたりを見回したが見当たらない。
一人で叫びながら入ったので、教室にいた女子数人から変な目で見られたの覚えてるw

そのまま始業のベルが鳴り、先生が入って来た。
そこで衝撃の事実を告げられた。
友人2人は熱を出して欠席するとの連絡が入ってたみたいなのだ。
さらに不思議なことに、先生の手にはよくドラマとかで使われる細長い花瓶が握られていたのだ。

そして驚いた。 
友人の一人の机にそれを置いて手を合わしたのだ。自殺だったそうだ。 
死因については当然のこと何も話さなかったが、友人は昨夜に亡くなっていたそうだ。

帰宅後、家に帰ると親が叱って来た。
「なんで濡れてないタオルを3枚も洗濯物にだすの?!洗濯する身にもなって頂戴!」と。

ここでこの話は終わりなのだが、後に風のうわさで本当かどうかわからないし多分嘘だと思うが、 
友人の残した遺書には『俺(名前)、ごめん』という文が半紙3枚ビッシリ埋め尽くされていたそうだ。