怖くなかったらすまん。 
自分ではものすごく怖いから、誰かに聞いてほしいだけ。 
じいちゃんの予言の話。 

じいちゃんは私が小学6年生に上がる直前に死んだ。 
百か日も過ぎた頃、仏降ろし(ほとけおろし)というものをやった。 
「えんじっこ」と呼ばれるイタコのような人が、亡くなった人の霊を死後の世界から呼び、霊の言葉を代弁するのだ。

代弁する時の言葉はえんじっこによって違うようで、その時は古典で使われてるような言葉で話してた。

いざ仏降ろしが行われると、最初に降ろされたのは、じいちゃんを連れて行ったという御先祖様。 
そこからもう一人降ろしてからじいちゃんが降ろされた。 
その頃には、その場にいた家族、親戚はみんな泣いてた。 
だが、えんじっこがじいちゃんからの予言を言い出した途端、周りの空気が凍った。 

予言は以下の二つ。
1.家族内で1年以内に2人入院する。
2.じいちゃんにゆかりのある人が近いうちに事故死する。

そしてこの予言は本当になる。 
私と父親が仏降ろしから1年以内に入院した。 
じいちゃんが生前お世話になっていた、出稼ぎ先の会社社長が交通事故で亡くなった。 

じいちゃんすげーな、ってくらいにしか思ってなかったんだが、 
あの予言には続きがあったそうだ。

じいちゃんはあの日、仏降ろしに来ていた人達の死ぬ順番も言っていたのだという。 
子どもだった私はえんじっこが何を言っていたのかわからなく、最初の二つの予言しか教えてもらっていなかった。 
なぜ今そんな話が出てきたのかというと、つい先日、私の前に名前が出されていた人が死んだからだ。 
順番も今のところ当たっているらしいから、このまま行くと危ないかもしれない。


引用元:何でもいいから怖い話を集めてみない?Part4