おかんから聞いた怖い話。

うちのおかんは自称霊感があると言い張るタイプの人間だ。 
そんなおかんが結婚前東京で働いていた時の話。 

ある日、送別会だか忘年会だか、とりあえず何かの飲み会があり遅くなったそうだ。 
新宿からタクシーで帰ろうと思い待っていると、深夜2時過ぎということもありタクシーはすぐに捕まった。 行き先を告げ、少し眠ろうとしたとき、何だかかび臭い匂いがしてきたんだそうだ。
別に古いタクシーでもなさそうで、それでも何か古い倉庫のような臭が立ち込めていた。

窓を細めに開けうつらうつらしていると、当時から付き合っていた親父と映画館に行っている夢をみた。 
ホラー映画を見ていて思わず親父の手を握り締めたところ、そっと握り返してきた。 
それが妙にリアルだったらしい。

ふと目を覚ますと車は走り続けていた。しかし手は何者かに握られたまま。 
もちろん客はおかん一人。怖くてまともに横は見れない。
「どうしよう、、、」 
運転手は全く気づこうとしない。その間にも手は力を入れたり、弱めたりしてきたらしい。 
ゾッとして声にならない声を漏らした。助けを呼ぼうとして失敗したのだ。 
するとすぐに運転手がバックミラー越しに鋭い視線を送ってき、次の瞬間、素早くスイッチを入れた。

「じゃん!じゃん!じゃんじゃかじゃんじゃん!じゃじゃじゃじゃじゃん!!」 
大音量で軍艦マーチがかかり出した。 
その音にハッとした瞬間、手は消えたという。

呆然としていると家についた。 
運転手もおかんも口を利かなかった。 
ただ、「千円負けとくから」。
降りる際、運転手がそう言ってウィンクしてきたらしい。 
個人タクシーだったという。