前住んでたとこ。2Kの新しいマンション。
深夜のすごい静かな時間帯にトイレでうんこしてたら、壁の向こうで話し声がする。 
女が(たぶん)1人でボソボソ&ケラケラーって笑う。
その頃、隣は引っ越したばかりだったんでおかしいなと思い、 
壁に耳をくっつけて聞いてたら、確かに女の声がする。独り言っぽい。 
少ししてピタっと声が止んで、「あれ?」なんて思っていると、
急に俺が耳をつけている壁を向こう側からドンッ!と叩かれた。
慌てたもんだから流さずにトイレ出て部屋戻って、閉め切って、酒煽って寝た。 
翌朝、「誰か引っ越して来たかもな」なんて考えてみることにした。 
明るいうちはそんなに気にしなかった。 

その日の午後に、ちょうど3件隣の一軒家に住む大家さんとスーパーで会った。 
「こんにちわ。隣、すぐ入ったみたいですね」と言うと、「入ってないよ」と。 
しかも「ちゃんと新しい鍵かけてるから誰も入れない」なんて。
結局その足で大家さんが確認に来たが、やはり閉まっていた。
開けたらなぜか床に大きな水たまりがあってね。台所の周りに。びびったよ。 
天井見ても全く雨漏りの気配なんかなかったんだけど。他はきれいだったし。 
大家さんは「頼んでるリフォーム屋さんはこんなミスしない」って言ってた。 
しかも最後に掃除したのって2週間くらい前なので、水があること自体おかしい。 

それから、次の更新しないで引っ越ししたっす。


引用元:何でもいいから怖い話を集めてみない?Part4