怖い思い出話を少々 

友人と恐怖スポットに行く事になり、ネットで色々調べました。 
まぁ、有名な場所と言う事もあって、 
その時は千駄ヶ谷トンネル、小坪トンネル、八神神社?(名前忘れました)、
東京タワー、青山墓地、そして富士の青木ヶ原樹海に決定しました。 

カーナビ付きのレンタカーを借り、映像を映したかったので8ミリビデオをレンタルして、夜の18時に出発。 
順番は八神神社→東京タワー→青山墓地→千駄ヶ谷トンネル→小坪トンネル→樹海の順で行きました。 

八神神社はごく普通の神社でした。
東京タワーはカップルだらけでした。
青山墓地はタクシーが多かった。
千駄ヶ谷トンネルは、その場所の上に墓地があるのでそこに行き、
そうしたら人が通ると反応するセンサーライトがあり、いきなりそれが付いたのでびっくりして逃げました。 
小坪トンネルでは、うちらと同じ目的で来ているグループもあり賑やかでした。 

最後の樹海ですが、そこに着いたのが朝の6時。 
太陽もうっすらと出てきており、明るかったのですが折角来たので入りました。 
さすが樹海。見渡す限り、木、木、木、です。 
しかも早朝ともあって、とてもすがすがしかったです。 
これでは何しに来たのか分からないので(元々目的はありませんが)、夜が来るのを待つことにしました。 
近くで時間を潰し、ワイワイと楽しみました。

外も薄暗くなってきたので、再度樹海に出発。 
朝には気が付かなかったのですが、本当にあるんですね。 
『自殺をする前にもう一度考え直しましょう』と書いてある看板。 
そんな看板を横目に、樹海に入り込んでいきました。

辺りはもう真っ暗で、すぐ隣にいる友人さえライトがなければ確認出来ない状況です。 
ライトを2つ持っていったのですが、それでもとても暗かったです。 
3人で行ったのですが、その1人が「俺、怖いから車で待ってるよ・・・」と言い出し、
途中まで来ていたのに1人で戻ってしまいました。 
1人で帰る方が怖いと思いましたが、特に引き止めませんでした。 
もう1人の友人がその時、「車の中で1人で待ってる方がこえぇーよ」と言い、全くだと思い大きくうなづきました。

うちらはそんな事をぶつぶつと言いつつ、奥へと向かって行きました。 
ライトが2つから1つになってしまい、より一層暗く感じます。 
そんな中でも少しほっとしたのが、道路があるからです。 
明かりもない道路なのですが、人工物と言う事で私はほっとしていました。 
でも樹海に来たのですから、道をそれないとね。 
うっそうとしたしげみと木々を避けながら、原生林の中へと入って行きました。 

5メートル位進んだのでしょうか。 
先程まで人工物があったという感覚等まるでありません。 
足元は土、周りは闇。方向感覚を失いそうです。 
その中を小さな明かりを頼りに奥へ奥へと行きました。 


やはりありました。 
予想はしていましたがありました。人がここに居たと言う証拠。 
そこには、毛布、空き缶、本等がまとまって置いてあります。 
こんな原生林の中で生活する訳もないですから・・・。 
理由は言わずとも分かる事と思います。

更に進むと、どんどん出てきます。出てくると言うか発見ですかね。 
木からぶら下がっている縄。靴、衣服等。 
ここへ来てしまう人達は同じ思考なのでしょうね。 
そして、同じ場所で・・・。 
それとも、誘われてる?引き込まれてる? 
そう思うと寒気がします。 

その時、ふと隣にいる友人を見ました。 
こんな時思ってしまうんですよね。隣にいる友人が違う人間だったらどうしようと。

その友人だったのでほっとしましたが、友人の表情がおかしい。 
とても険しく、何かを考えてる様子。 
「どうしたの?」と私が聞くと、びっくりした顔で私を見てきます。 
まぁ、今まで特に会話もせずに奥へ奥へと来てしまいましたから、いきなりで驚いたのでしょう。 
そんな事を私が思っていると、
「なぁ、後ろに誰か居ないか・・・?」と言います。 
私は『きたかっ!』と思い、少しワクワクしながら後ろを見ました。 
振り向いたのはいいのですが、暗くて何も見えません。 
ですが、何かがすぐそこにいる気配を感じます。 
月明かりすら入ってこない原生林。 
真っ暗で何も見えないのですが、確かに何かがいるのです。 
友人はそれを感じていたのでしょうね。 
私は友人からライトを奪い、その何かを照らそうとしましたが、友人がライトを渡すのを拒みます。 
「見ちゃいけない!」
それでも私は見たいので、「貸しなさいよ」と言いましたが、 
「見ちゃいけない!!」と友人は強い口調で、私に罵声を浴びせる程の大声で言ってきます。 

そんなやり取りをしていたら、ふと気配を感じなくなりました。 
友人もそれを感じたのか、表情が穏やかになり、
「戻ろう・・・」と一言、力弱く言います。 
私も小さくうなづき、戻る事にしました。 

木々を避けながら、草を掻き分けながら、前へ前へと。 
気持ちが落ち着かないせいか、早足になっているうちら。 
しかしふと気が付くと、先程の気配が後ろから付いてくるじゃありませんか。 
「何か来てるね」と私が言うと、友人は小さくうなづきました。 
以心伝心とでも言うのでしょうか。同時にうちらは走り出しました。 
しかし、後ろの気配も同じ速度で追ってくるのが分かるのです。 
さすがの私も怖くなり始めました。 
「こりゃやばい」と、つい口に出てしまいました。 
「うふふ、そうだね」 
えっ・・・?女性の声・・・? 
私はすぐに隣にいる友人を見ました。友人もこちらを見ています。しかも、ものすごく驚いた顔で。
そうなんです。その声は後ろから聞こえてきたんです。 
うちらはその声を聞いて、更に早く走り始めました。 

もう無我夢中でした。 
とにかく前へ前へ。小さなライトの明かりを頼りにとにかく走りました。 
それでも、後ろの気配が付いてくるのが分かります。 
髪が乱れ、体のあちこちに木々があたろうが、そんな事気にもせず走りました。 

やっとの思いで道路まで戻る事が出来ました。 
ふと安心してしまい、走る速度を落としてしまったのです。 
その時、私のすぐ頭の後ろで、
「ねぇ、待ってよ」と言う声がしたんです。 
もう私は全ての毛が逆立つ思いでした。
私はまた走り出しました。ここまで来れば車までもう少し。
そして、すぐに車が見えてきました。 
その時、車で待っている友人がエンジンをかけだし、バックだと言うのに車を走らせるじゃありませんか。 
私は心の中で『置いてかないで』と叫びました。
本当なら声に出して言っているのでしょうが、走って疲れているせいか声が出ませんでした。 
やっと追いついたと思うと、車は加速して追いつけない。 
また追いついたと思うと、また加速する。 
それを何回か繰り返した後、やっと車に乗り込むことが出来ました。 

乗り込んでほっとした時、気が付いたのです。 
無我夢中で隣の友人の存在を忘れていた事に・・・。 
ちゃんと車に乗っているので、再度安心しました。 

しばらく沈黙が続きましたが、私が「何で車で逃げたのよ!」と強い口調で言い放ったのです。 
そしたら友人は、「お・お前らの後ろから、大きな人魂が追いかけてきてたんだよ・・・」と言いました。 
私はこれ以来、心霊スポットと言う所には行かないようになりました。

とても長々と書き込みましてすいません。 


長文読んでくれてありがとう。 
でも、少し続きがあるの。 

この後にね、車が動かなくなっちゃうの。 
そんな状況でも、疲れていたのかな。みんなで眠る事にしたの、動かない車の中で。 
私と車で待っていた友人は6時間位で起きたのだけど、
一緒に樹海の中に入った友人がどんなにゆすっても起きないの。
その友人が起きたのは2日後。 
そんな不思議な体験をしたわ。


引用元: ほんのりと怖い話スレ その18