以前この掲示板で、子取りの話題になった。 

『子供なんかさらって来て一体何になるのか』

『うるさいしわがままだし飯は食うし金はかかるし・・・』

そんな話題になった事があった。

約二十年前。俺がまだお母さんのお腹の中にいたころ。 

母が俺の入った大きなお腹で、2歳の小さな兄と一緒に、

東京の家から近くの街へ、電車に乗って買い物に行ったときの話。 

母は電車の中で少し不自然な光景を目にした。 

老婆が孫(小学校中学年ぐらい)の子供と一緒にいたのだ。 

別にこれと言って不思議ではないのだが、年齢的に考えても祖母と孫なのだが、どこか不自然だったらしい。 

しばらく電車に揺られていると、その老婆が母に話しかけてきた。 

その老婆曰く、連れていた小学生の男の子は、孫でなく実の“息子”だった。

その老婆は母が連れている幼い兄を見るやいなや、なんとも奇妙なことを言った。 

「子取りには気をつけなさい」

その老婆は、体質的にとても子供が出来にくかった人だった。 

若い頃に何度も試みたが、結局子供を産むことは出来なかった。

街で子供を見かけると、羨ましくて欲しくてたまらなかったそうだ。 

老婆は「夫と二人で若い頃、何度も産院に子供をさらいに行った」と言っていた。 

しかし、この幸せを手にした途端、誰かが掴んでいた幸せを奪うのが怖くて、

結局歳を取るまで子供を盗むことは出来なかった、と。

そして数年経ち、夫との子供を授かった、と。 

母はそれを聞いて青ざめたらしい。

引用元:ほんのりと怖い話スレ27