学生の時、美術の先生から聞いた話。 

先生が出張中、奥さんが先生のベッドでひとり眠っていると、毎晩のように見る夢があったそうだ。 

それは、部屋の隅の天井からぼたぼたと血が滴るという、あまり気持ちの良く無い夢。 

気になったので天井裏を探ってみると、

そこからは先生が学生時代に描いた絵が沢山でてきた。 

独身の頃、住んでいる場所からそう遠く無いところに屠殺場があり、

写実的な絵を勉強していた先生は、

血のしたたる牛の頭や肉なんかを、キャンパスにいくつも描いていたそうだ。 

結婚後、その絵は日の目をみることなく、家の屋根裏に置かれたままになっていた。 

先生の奥さんはそのことを全く知らなかったようだが、

「牛の魂?が絵にこもって、なんらかの形で存在を知らせたかったのかも…」と言っていた。

たかが絵…
と思うが、『モノにはなんでも魂が宿る』というのは、

あながち嘘ではないのだなあと思ったお話でした。


引用元:ほんのりと怖い話スレ27