小学生の頃、近所に杖をついたホームレス風情のおばあさんがいた。 
 
いつも近所をうろついていたが、スーパーのベンチで弁当を買って食べているのを何度か見たので、金はあったらしい。
 
もしかしたらホームレスじゃなかったのかも。 

そしてある日、そのスーパーのトイレに行ったら、そのおばあさんがいた。 
 
三つある洗面台を順番に移動しながら髪を梳かしている。 
 
洗面台と床にばらばらと落ちる抜け毛、酷い異臭。 
 
幽霊のような佇まいにガクブルして、その日はそのまま逃げた。 

そして後日、母と買い物をしに車に乗っていると、またそのおばあさんを見かけた。 
 
足をさすりながら、バス停のベンチで休んでいるようだった。 

そして、スーパーに着いて中に入ると、なんとそのおばあさんが肉売場をうろついていた。 
 
バス停からスーパーまで車で10分。 
 
車の私達に歩きで追い付く訳がないし、
 
もしあそこからタクシーやバスを使ったとしても、私達の方が早く着くのは明らか。 
 
瞬間移動したとしか思えない。

その日の夜、私と母は今度は歩きで習い事から帰っていた。 
 
すると、また前方におばあさん発見。 
 
度々の奇怪な行動に母と二人でガクブルしたが、しかし母はとんでもないことを言いだした。 
 
「私、いつもあのおばあさんがどこへ帰るのか気になってたの。ちょっとつけてみない?」って。 
 
なんちゅー大人だと思ったが、面白かったので母と二人おばあさんの後を追った。 

おばあさんは路地を曲がった所の電柱に近づいていって、抱きつきスリスリし始めた。 
 
あまりのキモさに母を目を見合わせたが、次また目を向けるともうおばあさんはいなかった。 
 
そこは一本道で曲がり角はない。 

私と母の間では、あのおばあさんは電信柱の妖精ってことになってる。 
 
それ以来見かけない。 
 
気味悪かったけど、思い出すとちょっと楽しいwww 


引用元:ほんのりと怖い話スレ 27