めちゃめちゃ昔、私が小学生になったばかりくらいに体験した怖い話。 

家のまわりは田畑や雑木林ばかりで、道路も舗装されていない田舎の子でした。 

家のそばにある墓場で近所の子とよく遊んでいたんですが、まあ罰当たりなガキどもですわな。 

卒塔婆でちゃんばらしたりとかね。

お寺がそばにない墓場で、とくに怒られたりはしなかったんですが、親からこれだけは守れと言われたことがありました。
 
「墓場では転ぶな。墓場で転んだら片足を置いていかなければいけない。そうしないと罰が当たる」と。 

でもね、ガキが遊ぶ(暴れるという表現のほうがあってるかな)のですから絶対、間違いなく転びますよ。 

そんな時は、足を切るわけにはいきませんから、代わりに靴を片方脱いで墓場に置いて家に帰ります。 

で、次の日に「昨日はごめんなさい」と墓場であやまって、置いておいた靴を持ち帰るわけです。 

ある日、いつものように近所のクソガキどもと墓場で遊んでいたんですよ。鬼ごっこかなんかしていてね。 

全員がもつれあって、墓石にぶつかって、派手にすっ転んだわけです。 

で、いつものように靴を片方脱いで置いていくことにしたんですが、1人の子(Y君としときます)が、買ってもらったばかりのキャラクターの絵が描いてある靴(ウルトラマンだったかな?)だったんで、置いていきたくなかったんでしょうね。靴を置かずに帰ろうとした。 
 
みんな「片足置いてかなきゃいけないんだぞ!きっと足がもげちゃうぞ!」なんて言ってからかってた。 
 
でもね、本気で罰が当たるとは思っていなっかたんです。
 
だから、Y君が靴を置かずに帰るのを止めはしませんでした。 

しばらくして、私は学校帰りだったんでしょうか、道路の向こうに母親がいるのに気づきまして、ちょうど駄菓子屋の前でしたね。 
 
お菓子買ってもらおうと、道路を渡り始めたんです。 
 
すると、道路の向こうで母親がすごい勢いで手を振ってるんです。 
 
何だろうと思ったら、景色がいきなりぐるぐる回ってわけわからなくなって。 
 
トラックに引っ掛けられたそうです。 
 
道路の真ん中で私はぺったり座っていたそうです。
 
覚えてないんですよ、その時のこと。 
 
ブワーって走ってきたトラックに引っ掛けられて、道路の真ん中でくるくる回って、かすり傷ひとつありませんでした。
墓場で遊んだんで罰が当たったのか、ちゃんと靴を置いていったから無傷ですんだのかとか、色々考えてました。
 
次の日、学校でみんなに、事故にあったけど怪我しなかった話をすると、みんな何かしら危ない目にあっていたのがわかりました。 
 
誰も怪我しなかったので、気にしていなっかたみたいです。 
 
ただ、靴を置かずに帰った子、Y君、学校に来ていないんです。 
 
遊びにも来なくなったしおかしいなって思っていたら、いつの間にか転校していました。

何年かしてもう中学生になってましたが、Y君が転校というかいなくなった理由を知りました。 
 
Y君、家の玄関で転んで頭を打って、右だか左だか聞いていないんですが、半身不随になったんだそうです。
 

引用元:ほんのりと怖い話スレ その29