通勤電車の途中の駅の傍に、古くさい建物がある。 
 
電車が地上から少し高い場所を走ってるから、

その建物の最上階(恐らく3階)がよく見える。 
 
薄汚いガラスだったが、ちらちらと中の様子を見ることは出来た。
 
荷物だらけの部屋に、今時ではない裸電球。 
 
ある部屋には白髪の老いた男性が、楽しげに誰かに話し掛けている。 
 
せわしく人が行き交うのは廊下だろう。
 
窓越しに見る向こう側の建物の日常は、面白いわけではなかったが、

電車が駅に停まるたびにぼんやり眺めていた。 

ある日、用事があり初めてその駅に降りた。 
 
そして何気なくあの建物を見上げた私の目に映ったのは廃墟だった。 
 
窓ガラスは割れ、壁は煤け、数年掛けて雨風にさらされた、くたびれた建物だった。 

それから、私にはあの建物が廃墟にしか見えない。 
 
何年も前に潰れた織物を扱う会社であったというのを最近知った。
 
私は建物の記憶を垣間見ていたのだろうか。 
 
何故か今では少し淋しい。

引用元:ほんのりと怖い話スレ29