少し前に取引き先の人に「この間、こんな事あってさ~」と聞かされた話。 

それは最終電車も通り過ぎた踏切での事。 
 
彼はお得意先のお偉いさんを接待した帰りだった。 

付き合いでさほど強くない酒を飲んだ彼は、タクシーに乗り込んで自宅へ向かった。 

彼の家のすぐ近くに小さな踏切がある。東京の私鉄が住宅街を通る、よくある踏切の一つ。 

そこに差し掛かったら、踏切が閉まり警告灯が点った。 

そして点検用の車両が通り過ぎ、しばらくして警告灯が消えた。 

でも、棒が上がらない。 

時間にしたら1、2分だったと彼は言う。街灯に照らされた踏切は開かなかった。 

酔いと睡眠不足からくるイラ立ちで、

彼は「ちょっと、俺が上げちゃうから、車、通しちゃってよ」と運ちゃんに声を掛け、踏切に向かった。 

そして棒に手を掛け、上に上げようとした。が、ビクともしない。

いや、少しは持ち上がるのだが、ある程度の高さ迄上がるとバネじかけの様に急に下への力が増す。 

悪戦苦闘していたら、タクシーのクラクションが聞こえた。 

「運ちゃん、イラついて怒ってるんだ・・・」

彼はタクシーに向かって振り向いた。 すると、運ちゃんがタクシーから身を乗り出し、凄い勢いで手招きしてる。
 
彼は『こりゃ、ここで帰るって言いたいんだな・・・』と解釈し、踏切の棒の下に肩を差し入れて何とか上げようとした。
 
すると、「お客さん!」と運ちゃんの上ずった声。 

そっちを見ると、もうタクシーから降りて凄い勢いで手招きする。 

彼は「何?警察でも来た?」と聞きながらタクシーの方へ歩いて行った。 

運ちゃんは「とにかく、乗って、乗って!」とせかすように言いながら、自分も席に乗り込んだ。 

「何?マジおまわり?見られた?」

彼は愛想笑いしながら聞いたそうな。

で、運ちゃんが答えたのが、 

「お客さん、見えてなかったんだ・・・いやね、お客さんが踏切に行ったから、てっきり棒にぶら下がってる男の子注意しに行くんだと思ってたんですよ。でもね、何も言わないで棒上げようとしてるでしょ、可笑しいなあと・・・そしたらね、その男の子、お客さんの方に近付いてったんですよ。 そしたら、影、無いんですよ、その子。もうね、私ヤバいと思って・・・だってね、お客さんの足掴もうとしてたんですよ・・・」

今もたまに、夜中そこを通る事があると。

でも、閉まりっぱなしの踏切を見た時は、遠回りして帰る事にしていると、苦笑しながら彼は言った。


引用元:ほんのりと怖い話スレ 31