ある夏、大学のゼミの中で、県外から来てる連中で集まってキャンプに行くことになった。 
 
場所は沖縄本島からさほど遠く無いとある離島。 

小さなフェリーに乗って付いた先の港には、迎えのマイクロバスが待っていた。 

港とキャンプ場がある村落までの間には何も無い山道。すれ違う車も無い。 

キャンプ場に着き荷物を降ろすと、受付らしき小屋にいたおじさんに予約してあった旨を伝える。 

おじさんはニコニコしながら貸しテントやバーベキューセット、燃料の薪などを用意してくれた。 

「トイレとシャワーはこの小屋の裏、流しもあるから水はそこで汲んだらいいサ」 

訛りのキツい口調で、相変わらずニコニコ説明してくれる。 

「この道まっすぐ行った先に開けた場所があるから。好きなトコにテント張ってくださいネ」 

指差す先には、雑木林の様にこんもりと生い茂る木々の中に、細く切られた未舗装の土の道。 

粘土質の土が踏み固められた道は、人一人がやっと通れる幅で、ずっと先まで続いている。 

本当にこの先にキャンプ場が?と不思議に思ったが、ボヤボヤしていると遊ぶ時間が無くなると、

皆荷物を担いで駆け足でその道を進んだ。

サンダル越しの土の柔らかさが心地良かった。 

木々のトンネルを抜け、日差しの中に飛び出すと皆一斉に歓声を上げた。 

道から続く開けた土地は思いの外広く、そのすぐ先には白い砂浜が遥か彼方まで続く。 

そして、降り注ぐ太陽にきらめく青い蒼い海。 

沖縄と言えど、本島でもお目にかかれない景色だ。 

男達がテントの設営や火を熾している間に、女性陣はさっさと水着に着替えて海へ飛び込んだ。 

時間はあっと言う間に過ぎた。 

食事を終え、酒を飲み、歌い、騒いだ。 

日もとっぷりと暮れ、一つだけ灯したランタンと焚き火の明かりだけが皆の顔を照らす。 

「ねぇ稲川君」 

一つ上の先輩が声をかけてきた。 

「おトイレ行きたいんだけど…怖いから付いて来てくれない?」 

明るいうちは、シャワーを浴びたり炊事用に水を汲んだりと何度も往復したが、

今はもう真っ暗で、街灯も無いあの道は女性には怖かろう。

女連中で連れ立って行こうにも、酔いつぶれていたり話し込んでいたりで誘い難かったらしい。 

幸い手も空いていた自分は、彼女と2人でランタンを手に、暗い森の道へと向かった。 

2人並んで歩ける程の道幅はないので、自分が前になり後ろを彼女が付いて来る形になる。 

よほど怖いのか、自分のTシャツの裾をぎゅっと掴んで離さない。 

ところが、歩く速度が彼女の方が早く、後ろからズンズン押されるようになった。 

「ちょっと先輩、危ないっスよ」

言うより早く彼女は自分の脇をすり抜け、もの凄い勢いで走り去って行った。 

「ありゃ…?トイレ我慢出来なくなったのかな?」 

暗い道で転んではマズいと、慌てて追いかけた。 

結局、道の途中では追い付けず、小屋の前でへたり込んでいる彼女を見つけた。 

まさか…間に合わなかった…とか?

一瞬、大変な事になったと思ったが、どうにも様子がおかしい。 

「先輩、どうしたんスか?大丈夫っスか?」 

小屋に一つだけ有る街灯の明かりの中で、うずくまる彼女に声をかけた。 

泣いているのか肩がぶるぶる震えている。

「見えなかった…の?」 

「え?」 

「稲川君はアレ見えなかったの?!」 

振り向いた彼女の顔色は真っ青で、じっとりと汗ばんでいた。 

「アレって何の事です?」 

「…ここで話すのはイヤ。とりあえず用を足してから…」 

よろよろと立ち上がった彼女は、小屋の裏のトイレへと入って行った。 

彼女が用を足し終えて帰る段になり、同じ道を通るのは絶対にイヤだと主張したので、

遠回りに海岸へ出る道を捜して、しばらく辺りをうろうろした。 

やっと砂浜へ出て、テントのある方向へ白砂を踏みしめて歩き始めた時、彼女が先程の事を話し始めた。 

「木が生えてたでしょ?」 

「はい」 

と言うより周りは木だらけ、木々の中に道があったのだ。 

「暗くて怖いから、ずっと稲川君の背中見て歩いてたの」 

「はい」 

「でも視界の端には木が見えるのよ」 

「はい」 

ゆっくりと話す彼女の声、相づちを打つ自分の声、踏みしめる砂の音、波の音、風… 

「真っ暗なのに木が見えるの」

確かに、木々の向こうに開けた場所でもあるのかうっすらと明るく、

木々達がシルエットとなり、一層闇を際立たせていた。 

「木がね、一本一本真っ黒く、くっきり見えるのよ」 

木がそんなに怖かったろうか?と先程の光景を思い起こしたが、異形の木など見た覚えが無い。 

ふっと彼女が立ち止まる。

「気が付いたの、違ったのよ」 

「え?」 

「黒い木じゃなかったの」 

うつむいたまま、かすかに震えながら彼女は言葉を続けた。 

「白い着物を着た老人が沢山、ずらっと横に並んでこっち見てたの! お爺さんとかお婆さん達の『隙間』が黒く見えてたの!」 

虫でも入ったのか、ランタンがジジっと音を立てた。 

その後泣きじゃくる彼女を連れて無事に仲間の元に戻り、寝かしつけた後、悪友らと共に飲み直し、

気が付くと、火の消えた焚き火の傍らでタオルケットに包まれていた。 

日はとうに頭上高く登り、セミの鳴き声が喧しく二日酔いの頭に響いた。 

朝食兼昼食をもそもそと済ませ、テントを畳み荷物をまとめた。 

件の先輩は普段通り元気を取り戻しており、ほっと胸を撫で下ろす。 


片付けが済み、最後にもうひと泳ぎして帰る時間となった。 

借りた用具を返しに行くと、小屋からおじさんが出て来た。 

「皆さんキャンプは楽しめたネ?」 

来た時と同じニコニコ顔で迎えてくれる。 

「はい!とても楽しかったです。ただ…あの…」 

「ん?何ネ?」

少し気になったので訊いてみる事にした。 

「あの林の向こうなんですが…」 

「あーごめんネぇ。先に言うと皆イヤがるからサ」 

「え?」 

「あぃ?兄さん林の向こう行ったんじゃないノ?」 

「いや、そう言う訳では…」 

「あの林の向こうはサ、この村のお墓がある訳ヨ」 

「え!?」 

「このキャンプ場が後から出来て、お墓の中に道通す訳にはイカンから、この道作ってある訳サ」 

動揺を隠せずにおどおどとしていると、おじさんは尚もニコニコしながら言った。 

「今の次期はサ、内地で言うお盆?ご先祖様が帰って来る時期だから、ホントならこのキャンプ場も休みだったけど、 間違って予約受けてしまったからサ」
 

そう言われて、初めて自分達以外客がいなかった事に気が付いた。

呆然と立ち尽くす自分を尻目に、ケタケタと笑うおじさん。 

ふと視線を感じて振り向くと、先輩が泣きそうな顔で立っていた。


引用元:ほんのりと怖い話スレ31