先日、私と姉の2人で、身内の見舞いで某大学病院に行った時のこと。 
4階からエレベーターに乗ったら、中に小さな女の子が乗ってて、
「なんかいをごりようですか?」と私にたずねるので、エレベーターガールごっこでもやってるのかな?と思い、 
「1階をお願いします」と言うと、
「はい。したへまいります」と可愛く答えて、なんとも微笑ましい感じでした。

1階へ下りる途中、2階でエレベーターが止まって、パジャマ姿の痩せている男の人が乗ってきました。 
すると女の子は、また「なんかいをごりようですか?」と男の人に尋ねると、 
男の人はボソッと照れくさそうに「地下2階をお願いします」とつぶやいて、エレベーターの奥の壁に寄りかかりました。

エレベータが1階に着くと女の子は、
「1かい、がいらいでございます。ごりようありがとうございました」
と可愛くガイドして、私と姉はエレベーターを降りました。 

帰り道、姉が「エレベーターの女の子、かわいかったね」と言うので、私は、
「そうだね。
 途中で乗ってきた人とか、ちゃんと女の子のあそびに付き合ってあげてたけど、 
 なんか照れくさそうにしてたのが、ほほえましかったよ」
と笑って言ったら、
姉に「へ?途中で誰か乗ってきた?誰?」と真顔で返されました。 

後で気づいたのですが、その病院には地下2階なんてありませんでした。


引用元:ほんのりと怖い話スレ36