自分には親が共働きで、夕方から親が迎えに来るまで、婆ちゃんちに預けられていた時期がある。 
 
自分は顔の妙に長い叔母さんや、顔のないのっぺりとしたものが見えることがあった。 

婆ちゃんに言うと、「そーけそーけ、あん人達とは絶対に遊んじゃいけんよ」と、ニコニコ笑ってお菓子をくれた。
 
親や保育園の人達は信じてくれなかったので拍子抜けした。 
 
婆ちゃんもはぐらかしているんだろうと思った。 

ある日、婆ちゃんと公園に行った日の事。 
 
自分は砂場にいて、婆ちゃんはすぐそばのベンチにいてニコニコしてた。 
 
視線を感じて回りを見ると、花壇の方で女の子がニコニコして、おいでおいでをしていた。 
 
立ち上がってその子の方に行こうとしたら、婆ちゃんが凄い力で腕を掴んだ。 
 
「アレはいけん!」と今までに見せたことのないすげー怖い顔で言った。 
 
もう一度花壇の方を見ると、女の子ではなく真っ黒いものがおいでおいでしていた。 

ぐだぐだですみません。
あの時、引き留めてくれた婆ちゃんは今も生きてる。
 
もう自分には、不思議なものは見えなくなってしまった。


引用元:ほんのりと怖い話スレ36