俺の田舎にある廃校には
「その昔、小さな男の子がかくれんぼの最中に、隠れるところが悪かったためか窒息死してしまい短い生涯を絶ってしまった。」という噂が、相当昔から流れていた。
そんな噂は遠の昔に忘れており、俺が大人になって久々に田舎に帰って、田舎友達とワイワイした帰りに、
興味本位で例の廃校にを探索することになった。
廃校は今でも普通に誰でも入れる。 

俺と友人合わせて4人で廃校に入った。
廃校の廊下にはサッカーのゴールまでとは言わないが、物凄く横に長いでかい鏡がある。
そこで俺らは立ち止まり、4人並んで鏡をみた。
そしたら友人の一人が、「いま5人いたよな・・・」と言い出した。 
そいつは当時から嘘が大好きなやつで、冗談かと思ってた。
そしてもう一人の奴が、
「ここってそういえば、昔かくれんぼの最中に○○君って亡くなった子がいる廃校だよな・・・」
と言い出し、全く忘れていた記憶が蘇り、みんな怖くなりはじめた。

とりあえず横の教室に入り、4人は座りながら一服してたら、
ボロボロの掃除用具入れのロッカーからドン!!っと言う音が聞こえた。
「今の何だ・・・?猫か・・・?」と俺は言った。
すると友人の一人が、
「も~良いかい?」と、かくれんぼでは定番の呼び声を面白半分で喋りはじめた。
するとその直後、さきほどのロッカーから、
「も~良いよ・・・」と、とても悲しそうな幼い男の子の声が聞こえて、俺らは一目散に逃げ出した。

翌日、おもちゃ屋で子供が好きそうなおもちゃを買い、4人でその教室にお供えをし、線香を焚いて帰ろうとした。
そしたら、廊下の遥遠くの方に人影を感じた。それは男の子だった。
その男の子は「またいつでも来てね」と笑顔で言いながら、俺たちに手を振りながら消えていった。 

今でも田舎に帰る度にそこの廃校に寄り、おもちゃをお供えして、
俺らはその男の子の名前を呼び、「みーつけた」と言ってあげている。


引用元:ほんのりと怖い話スレ36