去年の盆前くらいに祖父が他界したとき(祖母は五年位前に他界)に、変な話を聞いた。 
実家で通夜をやるので帰郷したんだが、
その夜に喪主でもある叔父さんと昔話の流れで、近所の子供が死んだ時の話が出た。 
俺が小学校の時なんで、その子がどんな死に方をしたとかは全然憶えていなくて、
かろうじてそんな事もあったな~という感覚。 
でも叔父さんの子供の頃に、近所で全く同じ死に方をした子供がいたらしくて、
その時の事を今でも時々思い出すと言ってた。 

で、その死に方なんだが、手足が千切れて失血死なんだと。 
「それ殺人じゃないの?」って聞いたんだけど、
結局犯人も見つからないし、文字通り手足が『千切れてる』から、
とても人間の仕業じゃない、野性の動物かなんかにやられたんだろう、って事で決着がついたらしい。 
そんな動物いるのかなと思って首をひねってたら、
叔父さんが昔聞いた、同じ死に方をした子供の話もしてくれた。 

叔父さんが小学校に入る前くらいの頃、この辺りはすごいど田舎だったらしく、田んぼの中に家々が並んでるような所だった。
でも、そういう農家の連中とは別に、何やってるんだか分からないような連中の家もあったらしい。 
祖父や祖母はそういう家の人達を、『ほうりもん』って言ってたそうだ。 

叔父さんはまだ子供だったし、ただでさえ人の少ない所だったから、そういう家の子供ともたまに遊んでたんだけど、
そうするときまって祖父や祖母は叔父さんに、「あそこの子供とは遊ぶな」と怒られたらしい。 
叔父さんもどんな意味かは知らないそうだが、
そういう家の見分け方として、軒先に小さい三角形の紙を吊るしてあったんだと。 
だから、あまりそういう家の子供と遊ぶのは嫌だったと言ってた。 

で、叔父さんが小学校の高学年くらいの時に、そういう家の女の子が件の死に方で亡くなった。 
それからしばらくその辺りに住んでる家の大人が、毎日集まって夜中まで帰ってこない日が続いたらしい。 
外に出て遊ぶ子供も居なくなっちゃって、叔父さんも祖父や祖母に「暫く外には行くな」って言われたそうだ。
(何回か黙って外行ってたらしいが)

結局、何日かすると、祖父や祖母が夜中まで帰ってこないような事は無くなったけど、
例のほうりもんの家の人たちが、少しずつ変な行動をするようになった。 
叔父さんの話だと、
子供が外で遊んでいると、常に遠巻きに見つめる。 
いくつかの田んぼに鶏の足?みたいなのが捨てられる。
家の前の土が掘じくり返される。
ってな事があったらしい。 

そんな事があって、近隣の空気が暫くピリピリしてたある日、近所の子供(叔父さんの友達)が重い病気になったそうだ。
初めは体が痛い痛いと泣くだけだったが、その内だんだん手足が曲がってきて、とても見てられないぐらいになったらしい。
医者の診断では、「おそらくリウマチだろう。でも、こんなに酷いのは今まで見た事無い」と言ってたそうだ。 

すると、また近所の大人達が夜に帰ってこなくなった。
どうも叔父さんの友達の病気は、あのほうりもんの家の人達が原因と、祖父や祖母たちは考えていたらしい。 
そんな事が続いた後、ほうりもんの家の人達は近辺から姿を消してしまって、
あの友達も結局その後すぐ死んでしまったそうだ。
叔父さんの話はそこで終わり。

俺はこの話聞いて気分悪かったんだけど、叔父さんが複雑な表情してたから、なんか黙ってるしかなかった。 
結局それ以上の話は聞けなかったし、
そんな強烈な事件が近くであったのに、ほとんど憶えてないのもいまいち腑に落ちないんだよな。 
なんとなく変な感じはするんだけど、よく分からなくて気持ち悪かった。


引用元:ほんのりと怖い話スレ39