買い物行った帰りにエレベーターに乗った。 
ボタンを押そうとしたら、全部のボタンがガムテープでふさいであった。 
なんじゃこりゃ、たちの悪いイタズラだな…。 
上から押してもびくともしないので、仕方なくガムテープを剥がそうとした。 
やけに固い。爪でがりがりと掻いて、ようやくつまめるかなと思ったら、上の紙だけぺりりと取れやがる。 
まったくもう…と思ったら、ドアが閉まった。

しもうた、自動で閉まるヤツか。 
でも、ボタン押してないんだけどな。 
ん?てことは、このボタンのどれかを押さないと出られない? 
まさか…としばらく待ってみたが、ドアは開かない。 
まあ誰かが押せばまた開くだろ、くらいに考えてガムテープはがしに戻った。 
相変わらず固い。
いいかげんイラついてきた。 
あー、爪イテえし暑いし、長くなるなーと思った時、急にボコッと抵抗がなくなった。 
ボタンはなかった。誰かが取り外したのか、空洞だった。 
もしかしてこれ、壊れてたからふさいだのか? 
でも、全部ってことはないよな? 
外部連絡のボタンまでガムテープついてるし。 
はじめて不安になった。 
全部のガムテープを剥がして、それでも何もなかったらどうしよう、と。 
とりあえず、さっき剥がしたとこだけでもよく調べようと思って、その穴をのぞいてみた。 
ライトもないし、自分の身体で光が遮断されて見づらいのだが、なんとなく奥の配線とかが見える。 
だが、特に何もなく、それだけだった。
ここで、ちょっとどころじゃなく焦りだした。 
 
うーむ、いよいよやべえかな。 
携帯を取り出すと、圏外になっていた。 
天井の通風孔とか点検ハッチとか調べたけど届かないし、
ジャンプしたりドスンドスンやっても異常を知らせる動きもないし。 

そのうち、ワイヤーが切れて落ちるんじゃねえかとかあれこれ悩んでいると、視界に動くものが。 
見ると、さっきテープを剥がした穴。
なんだろうと思って顔を近づけたら、眼が。かたっぽの眼がこっちを見ていた。 
笑ってる。なんか知らないけど笑ってる。 
眼しか見えないのに、そう感じた。 
「うオアああ!」 
一気に顔を引き剥がすと、壁際まで引っ付いた。
なに今の?なに?
間髪いれずビーーーーーとブザー。 
2度びっくり。
「すいません、誰かいますか?」
「へ?」
「ああ、いた。ダメですよ、そのエレベーター壊れてるんだから」
「あ、ああ、すんません」
「入り口に立入禁止ってあったでしょう。今行きますからねー」 

で、管理人と警備員らしきオッサンに怒られて出たわけだが、 
立入禁止のコーンなんて、入ったときには無かったぞ…。


引用元:ほんのりと怖い話スレ38