小学生の頃、家に叔父さんが居候してた。 
叔父さんは工場の仕事をクビになり、家賃も払えなくなってアパートを追い出され、 
やることもなく、毎日俺んちでゴロゴロしていた。 
収入もなく、毎日安酒を飲んで寝てるだけの叔父さんだったけど、甥っ子の俺のことは可愛がってくれ、
時々アイス買ってくれたり、釣りやクワガタ採りに連れてってくれたりして、
俺はこの叔父さんのことを好きだった。 

叔父さんが居候しだして半年が過ぎた頃、
ある土曜日の雨の深夜、親父と伯父さんが階下で言い争いをしてる声が聞こえた。 
かなり激しい怒鳴りあいだったので、聞いてたラジオを消し息を殺して聞いていると、 
バタンとドアが閉まる音がして、叔父さんがドカドカと階段を上がってきた。 
げっ、俺の部屋にくんの?とビビってると、隣の仏間の障子がピシャっと閉まる音がした。 
俺はそっと布団に潜り込み、暫くドキドキしてたが、いつの間にか寝入ってしまった。 

翌日の日曜、俺の両親は店へ行き、家には俺と叔父さんの2人きりになった。 
俺は昨日のことは知らないふりで、
日曜の昼のテレビを見ながら、母ちゃんが用意してくれてた唐揚げで昼飯を食っていた。 
叔父さんが仏間から出てくる音がして、階段を下りる音が続いた。 
俺はちょっと緊張しながら、「おじさん、おはよ~」と言うと、
叔父さんも、「おう、なんや、美味そうやな」と一緒にご飯を食べだした。 
「ツトム(仮名)、飯食ったら釣り行くか?」と誘われたので、
俺も子供心に叔父さんを慰めてやろうと、「うん」と同意した。 

釣竿を2本持ち、仕掛けの詰まった箱をバケツに入れて、
俺と叔父さんは、いつも釣りに行く近所の滝つぼへ向かった。 
滝つぼは前日の雨で水位が増し、コーヒー牛乳色の濁流が厚い渦を巻いていた。 
「あんまり釣れそうやないね」と俺が言うと、
叔父さんも「どうやろか、ちょっとやってみようか」と応えた。 
「こう言う時の方が帰って釣れるもんやけん。ウナギとか釣れるとぞ」と言い、叔父さんは滝壺の方まで進んだ。 
俺は、こんな奥やら行かんでいいのにな~と思いながらも、言葉すくなに早足で進む叔父さんの後をついて行った。

「ここでいいか」
叔父さんは、滝壺手前の高い大岩の前で止まった。 
「ツトム、この上から釣ろうか。ちょっと上ってみ」と俺を持ち上げた。 
俺が脇を抱えられ岩の上に這い上がると、
「どうや?水の具合は。釣れそうか?」と叔父さんが聞いてきた。 
俺は濁流が渦巻く水面を覗き込み、「魚やらいっちょん見えんよ」と魚影を探した。 
暫く水面を見てた俺は、叔父さんの返事の無いことに気付き、「伯父さん?」と振り返った。
岩の下にいたはずの叔父さんは、俺の直ぐ背後に立ち、
俺を突き落とそうとするような格好で、両手を自分の胸の前に上げていた。 
振り向きざまに叔父さんの姿を見た俺は固まった。 
叔父さんは無表情で、力の無い目をしていた。 
せみの鳴き声をバックに時が止まった。 
俺は何も言えずに、叔父さんの目をただ見つめ返すことしか出来なかった。 
汗が頬を伝い、身動きの出来ない体の中で、ただ心臓の鼓動だけが高鳴った。 
伯父さんも手を下ろそうとせずに、ただ無気力な目で俺を見つめていた。 


どれくらい見詰め合っただろう。 
不意に叔父さんの背後の藪がガサガサと鳴った。 
両者ともはっと我に返り、藪に目をやった。
見ると、近所の農家のおっさんらしき人が、こちらに気付く様子もなく横切って行った。 
俺は叔父さんの横を通り過ぎて、
「今日は釣れそうにないけん、俺先帰っとくね」とだけ言って歩き出した。 
滝から少し離れると、俺は弾かれたように全速ダッシュで逃げた。 
振り返るとあの目をした叔父さんがすぐ後にいるような気がして、俺は前のめりになって全力で走った。 
大分走ったころ、自分がボロボロ泣いていることに気付いた。 

俺は家に帰らず、両親のいる店へと向かった。 
当時定食屋をやってた両親の店で、俺は両親が店を終わるまで過ごした。 

伯父はその日帰ってこなかった。 
翌日の夜に親父が警察へ届け、数日後に水死体で見付かった。 
俺は滝壺であったことを一切語らず、伯父は一人で釣り中の事故で片付いた。

俺が持ち帰った仕掛け箱に、叔父さんの字で書かれたメモがあった。 
それには、『ツトムを連れて行く』とだけ書いてあった。


引用元:ほんのりと怖い話スレ40