霊感ゼロのはずの嫁が、5歳頃に体験した話。

嫁の実家の墓はえらい沢山ある上に、あまり区画整理されておらず、古い墓が寺の本堂側とか半分林の中とかにもある。
今は多少綺麗に並んでいるけれど、以前はもっと散在してたらしく、
もうちょっと一族の墓をまとめましょう、ということになったらしい。 

坊さん立会いで墓石を動かして、少し掘って下に骨壷があればそれも一緒に移動して、
と作業していたらしいのだけど、5歳の嫁はすぐに飽きて適当に林で遊んでいたらしい。 
そしたら林の中で、黒っぽい着物姿で髪もちゃんと結った若い女に会ったそうだ。 
まるで日本人形みたいな化粧で、林には相当不釣合いで怖かったらしい。 
「あれは何をしているの?」と女が大人達の様子を聞いてきたので、
嫁は「ウチのお墓を動かしているの」と答えた。
すると女は嫁の名前を聞いてきたらしい。
嫁が名乗ると女は怒って、「お前、△△の子か!」と腕を捕まれた。
すごく痛かったらしい。 
「そんな人知らない」と嫁が言っても、
「嘘つくな!お前はあの女にそっくりだ!」と話を聞いてくれない。 
「おまえなんか!」と女が腕を張り上げて、
叩かれる!と反射的に嫁が体を竦めたところで、嫁を探しにきた母親に名前を呼ばれて、
気が付くとそこには女はいなかったそうだ。 

「女の人が怒ってた!」と嫁が泣くので、一応その付近を改めると、
『×××衛門側室□□ 子□×』と彫られた、一応嫁実家の小さな墓石が出てきた。 
大人たちも、「側室さんがいるって、ウチは一体なんだったんだ?」と驚いたらしい。 
嫁はこの時、何故か手首脱臼+藪でかぶれたのか腕に酷い蚯蚓腫れが出来たそうだ。 
蚯蚓腫れの跡は今でもうっすら残っている。

お彼岸だからとお墓参りした時、嫁が古くて小さい墓石を指差して、
「そうだ!これ!これねー」と嬉しそうに語った話なんだけど、
墓石の文字は薄れて、『側室』ってところしか見れなかった。 
「きっと側室の人だから、本家の子の私が憎たらしかったんだろうね」と線香あげつつ言った後、 
「そういやこの人のお墓移動の時、土葬だったせいで頭蓋骨に木の根っこが入って取れなくて、
 小さいからって私が手を突っ込んで取ったんだよね。 
 あの女の人の脳味噌引きずり出すみたいで、なんか嫌だったなぁ。 
 頭蓋骨の内側に根がこびりついていて、なかなか取れなくて。 
 片手は痛いし、片手は頭蓋骨だし、あれは散々だった!」
と、嫁はため息ついた。

俺にはどっちかっていうと、嫁の度胸のほうがほんのり怖かった。


引用元:ほんのりと怖い話スレ41