小学4年の頃、夏休みの話。 

自宅近くの公園で友達と遊んでいたら何故か怪談に。 
その話の流れで、心霊屋敷へ行ってみようということになった。 
そこは当時噂になっていたスポットだった。
まあ実際は、工事現場によくあるようなショボいプレハブ小屋だったらしいが、 
なんせ小学生だから話に再現なく尾ひれがつき、その時点ではもはや呪怨ハウスばりの要注意物件と化していた。
この話を持ちかけてきたAによると、自転車で一時間ほどかかるとのこと。 
とりあえず一旦おのおの家に帰り、『装備』を整えてここに集合することになった。 
ビビリの俺もさすがに探検隊気分。ワクワクしながら自宅に戻る。 

リュックにお菓子やら懐中電灯やら木刀wやら詰め込んで、さあ行くぞと外へ出たんだが、自転車が無い。 
ついさっき玄関脇に止めて、ちゃんとカギも閉めたはずなのに。
これがもうどんなに探しても無い。
母に言ったところ、「またカギ閉め忘れたのだろう」と大説教。 
過去すでに二度自転車を盗まれていたオレの弁解など聞いてくれない。 
結局、心霊屋敷探検は俺だけお流れに。 

で、夕方。 
自室で宿題やっていた(やらされていた)俺のところに母が血相変えて入ってきた。 
「お前の友達三人が、ダンプに轢かれて重体だ」とのこと。 

その晩、俺は不謹慎ながら、友人の心配より霊障が恐ろしく、眠れない夜を過ごしたんだが、 
後で話聞いてみると、事故ったのはその屋敷に行く途中。
しかも、横断歩道のたびにチキンレースみたいなこと繰り返した挙げ句、
最終的に皆して信号赤で飛び出して轢かれたらしい。
完全に自業自得。 
三人とも意外に軽傷で、結局後遺症も無く一月ほどで完全回復した。 

自転車が盗まれたことに関しては、 
母の「ご先祖様が守ってくれたんだねえ」という一言で納得したんだが、問題はここから。 

同年の冬の朝、学校行こうと玄関のドア開けて外に出た途端、アタマに凄まじい衝撃を食らい気絶。 
親や警察によると、盗まれたはずの俺の自転車が『真上から』落ちてきたのだそうだ。 
俺がぶつかった場所の真上と言ったら、二階建ての自宅の屋根の上。
屋根の上を調べたそうだが、誰かが入った形跡は無し。結局迷宮入り。 
このせいで首の骨をやった俺は、半年ほど入院するハメになった。 

霊障だとすれば、行かなかった俺が一番ヒドい目に合うのが納得いかないし、ご先祖様ならヒドすぎる。
今考えてもちっとも意味がわからない出来事だった。



引用元:ほんのりと怖い話スレ 44