19歳の時、私の兄と兄の友人が、海で波にさらわれて行方不明になったんですが…
その時、ニュースで実名で報道され、ニュースを見た私の友人も何人か心配して連絡をくれました。 
その中に占いができる友人がいて、
私は藁にも縋る思いで、「兄は戻ってくるのかどうか占って欲しい」と頼んだところ、
彼女は『ごめん。占えない。ホントゴメン』と言って切られてしまった。 

翌日、彼女は家にやってきて私に夕べの非礼を詫び、
「実は私は占いなんてまったくできない。
 ただ、少し不思議な力があるらしく、人に見えないものが見える時がある。 
 貴方のお兄さんは既に亡くなっているのが見えた。 
 現在はここらへん(地図を指差す)にいるはず。 
 でも、見つかるのは明日の昼少し過ぎで、ここら辺で見つかるはず」
と教えてくれた。
そして実際、兄は翌日の12時半過ぎ、船で兄を探していた親族が発見された。 
ちょうど彼女が指差した位置だった。 

そして一昨年、近所でひき逃げ事故があった。 
小学二年生の子供が殺されたのだが、犯人は逃走してその位置に看板だけが立っていた。 
ある日、その友人が遊びに来た時、
隣の家の車を見て一瞬驚いた顔をし、そのまま私を引っ張って「家にはいろ。急いで」と家に引きずり込んだ。 
「どうしたの?」と聞くと、
「あの隣の人の車のタイヤに、小学生の低学年くらいの子供が血まみれでしがみついてる」と言った。 
数日後、その隣の家の息子さんがひき逃げで逮捕された。 

余談ですが、(あんまり怖くないかもですが) 
兄が海の事故で死ぬ前の年、兄と私は親戚の船に乗せてもらい釣りにでかけた。
しばらく釣りを楽しんでいたら、突然兄が「海の中に人がいる」と言い出した。
私が覗き込んでも何も見えない。 
「どんなのが見えたの?」と聞くと、「骸骨みたいな手が俺を引っ張ろうとしていた」と言った。 
ビビった親戚は、そのまま船を動かし逃げて帰った。 
それが8月某日。
偶然かもしれないけど、兄が亡くなったのも翌年の8月某日。 
その時一緒だった親戚は、「あの時の手が○○(兄)を捕まえたんだ」と葬式で言っていた。