町の外れに、ある夫婦が住んでいました。 
その夫婦には、まだ幼い子供がいました。 

ある日の事です。 
外で遊んでいた子供が、泣きながら家に帰ってきました。 
母親が心配して事情を聞くと、 
「お化けに追いかけられたの」と子供は言いました。 
母親は不審者に追いかけられたのではと思い、どんなお化けかを聞きました。 
しかし、子供は分からないと言うばかりです。
母親は何か見間違えたと思い、子供をあやしました。

それから何日か経った後、子供がいつものように外に遊びに行きました。 
しかし、いつになっても帰ってきません。
両親は子供を探しに行きましたが、見つけることはできませんでした。 
翌日、両親は警察に連絡し、子供の捜索をしましたが、結局手がかりは見つかりませんでした。 
両親は、もうこの世には居ないのものだと思い、深く悲しみました。 

そして、10年の月日が経ったある日の事です。
父親が仕事から戻ると、母親が落ち着きが無い様子で言いました。 
「あなた!!あの子が、あの子が帰ってきたの!!」 
父親が母親と一緒に子供の部屋に行くと、確かに居なくなった子供が居ました。 
母親はひどく喜びましたが、父親はおかしいなと思いました。 
なぜなら、生きていれば高校生ぐらいのはずなのに、子供の姿が10年前と全く変わっていなかったからです。 
父親はただ事ではないと思い、翌日、近所の寺の住職に事情を話し、家に来てもらうことにしました。 

母親が子供を住職のもとに連れてくると、住職はとても驚きました。 
両親が子供と言っていたものが、住職から見たら、影のように黒いモヤモヤしたものだったからです。 
そして住職は両親に言いました。
 
「あなたの子供は、残念ですがすでにこの世にはいません。そして、あの世にもいません」
 
両親は事態が飲み込めず、どういうことか住職に聞くと、 
「そこにいるのは、多数の死んだ人間の怨霊の塊です。子供さんの魂は、それに喰われてしまいました」 
住職は恐怖し、自分ではどうすることもできないことを両親に伝え、結局そのまま帰ってしまいました。 

その後、両親を見かけることはありませんでした。