俺は昔、猫を飼ってたことあるんだけど、なんて言うのかな~俺のこと子供と思ってたようで、
俺のことを心配したり、寒がっていると一緒に寝てくれたりと、不思議な奴でした。

人間と猫だと寿命がぜんぜん違うから、猫のほうが先に年とって弱くなって、病気で死んでしまったんだわ。 
俺なんか初日は涙止まらなくて大変だったんだけど、一日寝たらぜんぜん悲しくなくてさ、
俺って薄情な人間なんだな~と思いながら普通の生活してたんだわ。

そんなある日、夢で猫が俺の布団から出てくのを見たんだわ。
なんか当たり前のように俺が猫に「行くのか」って言うと、
猫が少しだけこっち気にするような素振りしたけど、すぐに白いとこに歩いて行ったんだわ。

で、なんか不思議だったんで親にその話をしたら、「ちょうど猫が死んでから49日だよ」って言われた。
死んでから猫の奴、俺の側にずっといたんだろうな~これで本当にお別れなんだな~って素直に受け入れられたんだ。

ホントおせっかいというか、死んでも猫に子供扱いされてた俺になんか笑っちゃうけど、
あの猫には今でも感謝してる。