これ、北海道でわりと有名な話。 

湧別にある廃墟の村、そこにまだある廃墟の病院。 
その病院は、他に何もない道路沿いの林の中にポツンとある。 
肝試しに行って最初に感じるのは、その病院の立地条件の矛盾である。 
先に述べたように、道路沿いと言っても林の中にその病院はあり、車では病院の前まで入る事はできない。 
そう、林が切り開かれていないのである。
救急車が近寄る事も出来ない病院。 
訪れれば分かるのだが、「この病院、どうやって建てたの?」「なんの為の病院だったの?」って話になる。 

十数年前、俺の彼女の先輩にあたる人が、
男女二人づつの四人(A男とA子、B男とB子)で、肝試しにこの病院に訪れた。 
手を繋いで二組になったカップルが、上の階から徘徊していた。 
これといって特に何事もなく、最後の地下の階へと四人は入っていった。 

地下室を何部屋か徘徊してた時、B子が突然立ち止まり一言。
B子「ねー‥、何があっても手を離さないよね?置いて行ったりしないよね?」 
B男「ああ、大丈夫だよ」
B子「・・・」
B男「どうした?」 
B子「・・・誰かに足を掴まれて動けない」 
その瞬間、B男は手を振りほどき、三人はB子を置いて車へ逃げてしまった。

この三人はビビりまくって、一人のB子を置き去りのまま、家へと帰ってしまう。 


翌日の朝、A子は両親に昨夜の事を話した。
B子の両親、担任の先生、A男とB男を呼び出し、警察と一緒に昨夜の病院へと向かった。 

病院に着き、昨夜の出来事を説明しながら地下室へ行こうとするが、階段が見つからない。 
そうなんです。この病院に地下室は、始めから無かったのです。 

このお話は、B子の事実上の失踪事件として、当時の新聞に載ったらしいです。