小学校の時の体験談を投下。 

稲刈りのシーズンに、体験学習みたいなやつで山の中の合宿所に行った。 
そこでは稲刈りやって、脱穀やって、夜になったらキャンプファイヤーして、一泊することになってる。 
そしてその合宿には、県内の大学生もボランティアで参加してる。
その時も、男女合わせて七人くらいいたと思う。 

昼間、稲刈りしてる時に蛇が出てきて、しかも、その蛇をクラスの男子が鎌で怪我させちゃったりしたんだけど、
まあ、それ以外は大したこともなく夜になった。 

んで、キャンプファイヤーが始まって、しばらくしてから異変が起こった。 
女の子の一人が、急にヒステリー起こしたように大声で喚いて暴れだした。 
大学生のお兄さんや合宿所の人が、「どうしたの!」って建物の中に連れていこうとしたんだけど、
すごい勢いで暴れるので、大人が二人がかりでも押さえきれない。 
それを見た他の子も怖がって、泣いたり騒いだりで、
おまけに誰かが「蛇のたたりだ!」って言い出して、ますます収拾つかなくなった。 

もうほんとキャンプファイヤーどころじゃなくて、
大人は子供を合宿所の中に入らせようとするんだけど、誰も怖がって動けない。 
そのうち山の方を指差して、「何かがいる!」なんていう子まで出てきた。 

自分霊感ないんだけど、
その時、合宿所の庭?から山道に続く藪の中で、ほんとに何かがこっちを見てるような気がした。 
すると大学生のお姉さんの一人が、倉庫の方に走っていった。 
何かを持って戻ってきたかと思うと、藪のほうに突進した。 
何をするのかと思ったら、手に持ってた何かを藪に向かって投げつけて、ものすごい気合の入った声で「消えろ!」と…。 
その瞬間、交尾シーズンの猫の鳴き声よりももっとすごい何かの声がして藪が揺れ、
気配が一気に遠ざかっていったような気がした。 
暴れていた女の子は一気に静かになって、救護室みたいなところに運ばれ、
大急ぎで火の後始末をして、皆建物の中に逃げ込んだ。 

次の日もレクリエーションの予定があったんだけど、
「具合の悪い子が出たから」とかで、早々に切りあげて解散。 
稲刈り体験学習は次の年もあったけど、一泊することはなくなったらしい。 

でも、大学になってから始めたバイト先で、ちょっとびっくりするようなことが。 
なんと、あの時大学生ボランティアとして参加してた人が、バイト先の上司だったことが判明。 
あの時の話で盛り上がり、
「そういえば、あの時ボランティアのお姉さんが投げたのは、何だったんでしょうか?」と聞いてみた。 
上司が言うには、あの時お姉さんが投げたのは、脱穀したばかりのお米とのこと。
なんでも、平安時代の呪術の一種で、お米を投げて魔を祓うというのがあったらしい。 
翌朝、お姉さんはその上司に手伝ってもらって、撒いたお米を拾い集めて紙に包み、それを燃やして、
灰を近くの川に流したとのこと。
拾い集めたお米には、血みたいなものがこびりついていたらしい。
気持ち悪くて素手で触る気になれず、お姉さんもゴム手袋はめて拾ってたらしい。 

「昼間怪我させた蛇かどうかはわからないけど、あの時本当に何かがいたのかもしれないね」と上司は言っていた。
ただ上司は、お姉さんがお米を投げた時に聞こえた猫の鳴き声のすごいのは、聞こえていないし覚えてないとのこと。