こういったところに書くほど怖くはないかもしれませんが、一家心中のあった別荘の掃除がありました。 
ただ、血糊がべったりとかはありません。
死体とかそういうのは特殊清掃といって、衛生的に安全な手順を踏んだり特殊な薬品を使うため、
うちみたいななんでも屋では引き受けなったようです。

依頼人はN県のリフォーム屋さん。
「一家心中のあった家の片付け掃除をしてほしい。家具や調度品など一切全て運び出して、そちらで処分してくれ」
新聞にも載った大きな事件だそうで、地元の職人たちからは気持ち悪がられて、全て断られたとか… 

4tトラックとワゴン車で、バイト4人+社長の5人で向かいました。
20年程前に事件があって以来、誰も管理していないので、庭は雑草というより雑木林のよう… 
まずはバイトで、鎌と草刈り機で雑草を刈り取ります。
穴を掘って雑草を燃やしながら別荘の中へ…

別荘の中は、ネットで見る廃墟とか廃屋そのもの。
事件のあった日付のまま、家具や調度品全てが残されてました。
それらをとにかく家の外に運び出す。
その途中、家鳴りが凄いのなんのって…
家のあちこちから、ビシィ!…ギシィ!…バァン!と鳴り響く。 
急激に外の風を入れたからだろうと思いこもうとするものの… 
ワゴン車のCDで、社長の80sディスコをガンガンかけながら作業しました。 

1日目はこんな感じ。
日暮れと共に里に帰り、商人宿に泊まり… 

 
商人宿に帰ると、そこのおばちゃんが頼んでもないのに、 
「あの事件はこうだった、ああだった」と詳細に教えてくれるんですよ… 
夫婦2人、幼い子供2人が無理心中したって、いらない情報インプット。
おかげで社長を除く全員が、その夜は怖い夢を見たり金縛りに遭い… 

次の日は、全員早起きして朝7時30分から現地入り。
とにかく早く終わらせて、明るいうちに帰りたい一心w 
家鳴りは昨日ほど酷くなかったので、
やっぱり昨日のは気圧とか湿度の関係だったんだろうな、なんて思いつつ作業していたら…
なぜかカラスがグワァグワァとうるさい。
その上、パタパタ…とスリッパで駆け回る音が何度も聞こえる。 
我々は全員がゴム底の安全スニーカーだから、パタパタ音なんかするわけがない。 
壊せる木製家具やカーペット類を庭の穴で燃やしていると、
一人のバイトが、「炎の中に子供が見えた!」とか半狂乱状態になるし… 

俺たちバイトもとにかく、何も聞こえないように絶叫しながら作業を終わらせました。 

で、ギャラは、2日拘束で16,000円+出張手当で計20,000円。 

後日談としては、「子供が見えた」と半狂乱になったバイトくんが、
その後、毎晩のように金縛りに苦しみ、お祓いをしてもらったとか。
作業中は寡黙だったバイトくんが、実は霊感持ちで、
「作業中、ずっと血だらけの中年夫婦が、我々を睨んでたんですよね」 
「真っ白な煙みたいな子供が、作業中の我々の周りを楽しそうに駆けていた」 
と告白したぐらいですかね…

俺は実害はなかったけど、以後、その手の現場は絶対にお断りしました。