私が小学生の頃の話です。

小さい頃にお世話になった近所のお婆ちゃんが、倒れて寝たきりになってしまいました。
1人暮らしで、親族もいなかったようです。
当時、よく古い遊びを教えてもらっていたので、
家に行ってはお菓子をもらったり、ベーゴマなどを教えてもらっていました。
しかし、もう倒れてしまったので、教えてもらう事が出来ません。
それがどうしても嫌で、治るように治るようにと、一日おきにお見舞いに行っていました。
しかし、2ヶ月ほど経っても治りませんでした。

そしてある日、いつも通りお見舞いに行くと、お婆ちゃんが寝たまま目を開けて、何かをブツブツと言っていました。
「どうしたん?」と聞くと、
「えっちゃん、たろちゃん、さっちゃん、じゅんちゃん・・・」と繰り返し言っていました。
『えっちゃん』『たろちゃん』『さっちゃん』は私の友達です。
最後の『じゅんちゃん』は私の名前です。

それに驚いて、なんだか怖くなってしまいました。
なぜ怖くなったのかは分かりませんが、今思うと罪悪感があります。
私はその日から、怖くてお見舞いには行けなくなりました。

しばらく経ったある日、友達のえっちゃんが、近所の川でおぼれて亡くなりました。
なぜか私は『お婆ちゃんにも報告しなきゃ』と思い、久々にお婆ちゃんのお見舞いに行きました。
するとちょうどお医者さんが来てて、帰るところでした。
私はお医者さんが帰るのを待ち、お婆ちゃんに会いました。
お婆ちゃんはまだブツブツと言っています。
でもなぜか違和感を覚え、耳をすますと、
「たろちゃん、さっちゃん、じゅんちゃん・・・」
えっちゃんが居ない!!なんで!??なんで知ってるの!?
そこで私が「なんでえっちゃんが居なくなったの知ってるの?」と聞いても、
お婆ちゃんは「たろちゃん、さっちゃん、じゅんちゃん・・・」と繰り返すばかりでした。 
なんだか気味が悪くなった私は、早々に家に帰りました。

でも、しばらくすると気になり、もう1度お婆ちゃんのお見舞いに行ってみました。
すると今度は、「さっちゃん、じゅんちゃん・・・」と繰り返しています。
そこで私は「たろちゃんは?」と聞くと、お婆ちゃんがこう言いました。
「知らん・・・」
どうせ『さっちゃん、じゅんちゃん・・・』と繰り返すのだと予想していた私は、その答えにかなり驚きました。
でも、その後はまた繰り返すばかりでしたので、家に帰りました。

家に着くと、お母さんが慌てて私にこう言いました。
「兵庫に引っ越したたろちゃんが亡くなったみたい。
 お母さんは明日お葬式に行ってくるけど、一緒に行く?」

お母さんとお葬式に行って、しばらく経ったある日、お婆ちゃんも亡くなりました。
ひどいかもしれませんが、人が死んでこれだけ安心したのは初めてでした。

現在、私もさっちゃんも元気です。
でも、お婆ちゃんが死ぬのがもう少し遅かったら、さっちゃんも私も死んでいたかもしれません。
ただの偶然かもしれませんが、私が体験した1番怖い出来事です。