ある寺に、l一人の盲目のK住職がいた。 
これはそのK住職が、数人の若い住職を連れて恐山に行ったときのこと。 

知っている人もいると思うけど、恐山には所々に死んだ人の冥福を祈るために、
それぞれの思いが込められた、たくさんの小石が山のように積まれている。 
盲目の住職は若い住職たちに向けて言った。 
「ここに積まれている小石は、絶対に持って帰ったりしてはいけない」 
それを聞いたある一人の若いT住職は、 
『なんだ?どってことない普通の石じゃないか。これが何だっていうんだ?』
と思い、小石をひとつ掴み取って、ふところに入れてしまった。 

帰りの車の中でのこと。
しばらく走っていると、盲目のK住職が突然ものすごい顔つきになり、
「何てことだ!一体なぜ・・・」と叫んだ。 
驚いた住職たちが「どうしたんですか?」と聞くと、その住職は、 
「女がものすごい形相で、この車を追ってきている・・・」 
「えっ、どういうことですか?」
みんなで後ろを振り返ってみたが、なにもいない。 
しかし、K住職の顔はどんどん険しくなっていく。 
「この中の誰かを追ってきている・・・お前たち、一体何をしたんだ?」 
若いT住職ははっと気がついて、自分のふところから石を取り出した。 
「まさかこれが・・・?」
そして何気なくその石を裏返してみた。
するとそこには、lはっきりと女性の名前が書かれていたのだ。 
「ひぃぃぃっ!」
完全に取り乱したその住職は、思わずその石を窓の外に投げ捨ててしまった。 
「ああっ追いつかれる!」
K住職が叫んだ瞬間、石はアスファルトにたたきつけられ、真っ二つに割れてしまった。 
『助かった・・・』
そう思ってT住職は胸をなでおろした。 
しかし次の瞬間、K住職が青ざめながら言った。 
「女が血だらけになりながら、必死に車を追って来た・・・」 
「そっ、そんな!」
あせったT住職は、すべてをその住職に話した。
すると、 
「ちゃんと元の場所に返しに行けば、何とかなったものを・・・。
 なぜこうなる前に話してくれなかったんだ。
 残念だが、石を割ってしまった今はもう・・・」 

その後。その若い住職は高熱にうなされ、あっけなく亡くなってしまった。