数年前に本栖湖畔で、朝釣りのためにキャンプをしていたときのこと。 
 
夜中のたき火中に、「たすけてえええだれかあ」と女性の声が湖の方で聞こえてきて、そちらに目をやると女性が溺れていた。 
 
びっくりしたと同時に、助けなきゃと思い立ち上がったら、
 
連れが「おまえ何する気だよ!」って引き留めるから、

「助けなきゃ」
と言い返したら、
 
「おまえ、ちょっと冷静になってよく見て見ろ!ここから離れていて真っ暗なのに、何で顔がはっきり見えているんだよ!」
と言うもんだから、改めて見てみた。 
 
そうしたら、水の中でばしゃばしゃ藻掻くこともやめて、じっとこちらを見ていた。
足が立つ場所じゃないのに・・・ 
 
確かに暗闇のはずなのに、顔の造作までハッキリわかる。白く光っているというか。
 
たき火は埋み火だったから、こちらの光が届くわけもなし。 

んでゾーっとして、言うまでもなく即刻撤収。 
 
そちらを見ないようにして作業したんだけど、視線をずっと感じていた。
 
もう、二度と行かない・・・!