小学生だった頃。
夏休みや冬休みといった長い休みになると、いとこ達の家に何日も泊りがけで行ったり来たりしていた。 

夏休み前半をいとこ達が私のうちで過ごし、後半に私がいとこ達の家に泊まりに行ったときの事。 
いとこ達の家は周りが林で、広い庭に何本も木(ケヤキ?)が植えてあるような田舎の広い家だった。 
いとこ達は5人。私を含めると6人にもなる。
我々はは田舎の子供らしく、かくれんぼや缶けり、魚釣りなどで一日の大半を過ごし、
それこそ暗くなるまで遊びまくる毎日だった。 
泊まっていたのは五日ほど。
その間、『あなたの知らない世界』や『24時間テレビ』の手塚アニメを見た気がする。(違う年かも) 

ひとつ気になったのは、窓から見えるケヤキ(?)の大木のはるか高いところ、
屋根のてっぺんに近かったから、7~8メートル位か。
太い幹から最初に枝分かれしたところに、なぜかお地蔵さんがちょこんと乗ってる事だった。
石でできているのか木でできてるのかは判別できなかったが、木と同じような色をしていた。 
置かれてる場所さえ気にしなかったら、
ごくフツウの顔をして、ごく普通の格好をした、やや小ぶりの当たり前のお地蔵さんだった。 
毎日見るたび、どうやって置いたのかな?はしごを繋げたのかな?木登りして置いたのかな? 
それとも木がまだ小さかった頃置いたのが、だんだん大きくなってあんな高いところに行っちゃったのかな?
でも、あんな高いところじゃお供えとかできないよな・・・
などと子供らしい空想を膨らませたりしていたが、
いったん目を離すととたんに遊びに夢中になり、すぐさま忘れる毎日だった。 

ただそれだけで、何故か木の上にお地蔵さんが乗せてあった、というだけの話なんだが、 
帰るとき急に思い出して、そばにいた伯母さんに聞いてみた。
「何であんな木の上なんかに、お地蔵さん置いてあんの?」 
「ハァ?お地蔵さん?どこ、どこ?」 
そのうちいとこ達もやってきて、 
「あー?木の上にお地蔵さん?夢でも見たんじゃねーの?あはははは」 

最初は指差して説明してた私だが、ハッと嫌なものを感じ、ごにょごにょごまかし、
尻すぼみになって説明を引っ込めてしまった。(まさか、見えてるの自分だけ?)
散々見ていたお地蔵さんが急に怖くなり、目を伏せると二度と木の方を向かなかった。 
そのままお地蔵さんのいる木を見ずに帰り、その後泊まりに行く事は無くなった。(今思えば小6だったのかな) 

今じゃいとこ達は家を出て独立しているため、めったにその家に行く事はなくなったが、
たまに行く用事があるときは少し緊張する。 
あの木はまだあるんだろうか?