私が学生の時の話です。 

同じゼミに気の合う友人がいました。 
なぜか気の合う友人で、よく飲みいったりするそんな仲でした。 

ある日、なんだか神妙な顔をして彼が話し掛けてきました。 
「変なモノが撮れたんだ・・・」 
彼曰く、先週の飲み会の時に撮った写真の中に、変なモノが写ったという事。 
さっそく見せてもらおうとお願いしましたが、彼は何故か躊躇し、中々その写真を見せてくれようとしません。 
もちろん気にはなりましたが、彼の落ち込みようを見てると、強く押し通すことは躊躇われました。 

その3日か4日後。彼は更に深刻な顔で落ち込んでいました。 
目にクマまで作り、暫くの間安睡できていないことは一目瞭然でした。 
きっとあの写真が原因だろう。
そう思った私は、其の時湧き上がる嫌な予感を押し込めるようにして、
彼にあの写真を見せてくれるように、再度頼んでみました。 
「・・・わかった」 
何かを決意した彼は、やっとその写真を見せることを了承してくれました。 
本当に見ていいのか?
自分でお願いしておきながらも、その写真を見る事への不安は纏わりついたままで、私は何だか気持ち悪くなっていました。
彼の家で其れを見せてもらう事を約束し、その場を後にしました。 


その日の夜。彼のアパートを訪れました。 
ピンポーン
何度チャイムを鳴らしても彼は一向に出てきません。部屋の電気はついているのに。 
寝てるのか?そう思った私は、ドアのノブに手をかけました。 
カチャリ 
開いてます。 
狭い部屋なので、ドアを開け部屋を覗いた瞬間、不在か否か確認できます。 
彼は家を開けたまま不在でした。 


いいよな、別に・・・と思いつつ、部屋に勝手に上がらせてもらい、彼の机の上にふと視線を向けてみました。
灰皿があって、燃え滓が残っていました。 
写真とネガの燃え滓です。 
この時、なぜかわかりませんが、物凄い押しつぶされそうな不安に捕らわれた事を、今でも覚えています。 
その燃え滓については、燃え尽きてしまっていて、何が写っているのか?までは判別できませんでした。 
そして次に、その机の下に、一枚だけ写真が落ちている事に気づきました。 
その写真には異様なモノが映っていました。 
彼の顔がねじ切られるように、グニャリとしたものになっているのです。 
禍禍しい。一言で言ってしまえば、それ其の物です。 
もう其処には一秒たりともいられませんでした。

彼は其の日を境に行方不明になりました。