小学校で教員やってたとき、そこの先輩が話してくれた話です。
その先輩は50くらいですが、たくましい体のおじさんでした。 

その先輩の若いころ。
先輩はサイクリングが趣味で、一人で自転車に乗り、いろいろなところに行ったそうです。 

大学受験が終わり、暇をもてあましたころ、ふと思い立って泊りがけでG県に行きました。
詳しい経過はよく覚えてませんが、なんやかんやあり、G県のとある駅に野宿することになり、
先輩はそういう野宿はよくやってたそうで、戸惑うこともなく寝支度をしていました。

寝袋の中に入ってもなんだか寝付けなかった。
真っ暗の無人駅なので、暗い、暗い、暗い。 
ぼんやり暗闇を眺めていると、明かりが近づいてきました。 
何だ・・・?
目をこらすと、蝋燭。蝋燭を持った老婆。 
「何をしてる?」
老婆は比較的明るい声で聞いてきました。
その声に先輩は比較的安心し、野宿することになったと事情を話しました。
すると老婆は気の毒そうな顔をして、 
「コレをたべんさい」と言って、持っていたカバンから茶碗に盛られたご飯を出しました。 
先輩は驚き「なんですか?」と尋ねると、 
「ああ・・ご飯だけじゃ食べにくいなぁ」と答え、まだ暖かいご飯に腕時計を乗せました。 
蝋燭の乏しい灯りで見ると、やけに赤い、なんだか皮膚らしきものも付着している。 
先輩はパニックに陥り、寝袋をひっつかんで逃げました。 

話はこれだけです。 
殆ど意味不明だったのですが、とても怖かったので・・・