僕の澄んでいた地域にある廃校になった小学校には大きな鏡がある。
その鏡を深夜2時ちょうどに見ると怪奇現象が起きるという話を聞いて僕は夏休みに友達三人と行ってみた。

その小学校は山奥にある木造の学校の校舎で
壁はボロボロ、窓ガラスも半分以上割られていていかにも廃校という感じだった。

玄関を入るとカビとホコリの匂いが鼻にツンときた。
例の鏡は玄関の突き当たりを右に行くとすぐそこにあった。

もうすぐ2時になる、蒸し暑い中、三人とも息をのんで鏡を見つめていた。

友人の一人が持っていた腕時計の針が2時をさした。
しかし、特に変化はなく、長袖の三馬鹿がこちらをじっと見ているだけだった。

遂に五分が経過し、これ以上見ても無駄と思い、三人で大したことないな、
と笑いながら校舎を後にした。

帰り道、僕はふと、友人たちの姿を見て、蒼くなって動けなくなってしまった・・・。







 <解説はコメントの一番上>