大学で日本の風俗を研究している私は、休みを利用して、東北の海沿いの道路を歩いていた。 
道路から階段が伸びていて、下には岩場がある。
ふと下りてみたそこには1人の少女がいた。 

少女は岩場を、何かを探すように歩いていた。 
 
「何か探しているのですか」私は声を掛けた。 
 
「貝を」少女は言った。
 
「幸せの丸い貝を探しています」 
 
貝とはまた奇妙だ。 それは希少で高級な貝なのかと問えば違うという。
 
食用かと問えば、食べる人もいるが、と言う。
 
となると、恐らく貝殻が必要なのだろう。 
 
「祭で必要なのです」と少女は言う。
  
「幸せの丸い貝が無いと、祭が台無しになってしまう」 
 
その話に興味を持った私は祭のことを少女に問うが、少女はよくわからないという。 

親類が詳しいというので、頼み込んで家まで案内してもらった。
 少女の家はまさに祭りの前日といった様子で、着くなりたくさんのご馳走で歓迎された。 
 
酒が入っていたからだろう。
 
ろくに質問もせぬうちに私は眠ってしまった。
 
目を覚ますと、もう祭りは始まっていた。
 
少女はいない。私は一番近くにいた人に話し掛ける。 
 
「幸せの丸い貝は見つかったのですか」 
 
「ああ、もうここにいるよ」 
 
やがて祭りは佳境に入り、私は幸せの丸い貝がどんなものなのか理解した。 

ああ、それにしても奇妙な風習じゃないか。



<解説はコメントの一番上>