学生時代、鳥山明の漫画に出てきそうな顔の友達がいた。 
丁度当てはまるキャラはいないのだが、あえて言うならベジータ+ザーボンかな。 

入学当初、親睦を深める為に、同じ科の奴ら数人と飲み会をやったんだ。
場所は、大学の近くに一人暮らししていたベジータ+ザーボンのアパートに即決定。
女の子も何人か呼んで、エロチックなハプニングにwktkしながら買い出しとか行ったw 

酒も進んできた頃、お決まりのパターンで怪談話の流れになった。
よくある怪談話や体験談が進むにつれ、このベジータ+ザーボンがトンでもない霊感持ちってことが発覚したのよ。
この時期はどこに行っても霊感持ちなヤツと出会う事が多かった。 
今思うと、オカルト方面での待遇は生涯で一番良かったかも知れないw 
多分、誰が見ても『こいつは本物だ』と思うと思う。 
俺自身も心霊話は大好きで、
あちこちで聞いてきてストックしてあった話の中でも、激選した物をぶち撒けたつもりだったが、 
ベジボンの(本来オチが付きにくい筈の)体験話には尽く敵わなかった。 
女の子がいる手前、最初は俺も対抗してたと思う。
でも次第に対抗心は無くなり、素直に聞き入る様になってしまった。

非常に盛り上がっていたのだが、ベジボンが急に話に参加してこなくなった。 
俺が密かに「どうした、大丈夫?」みたいな事を聞くと、 
「そろそろヤバイよね」と、はにかみながら言われた。 
ああ、心霊話をしていると幽霊が集まりやすいと言うモンなぁ…と、
ベジボンの言いたい事を理解したつもりでいた時に事は起こった。 

「ベランダに知らないおっさんがいる」 
どこにでもいると思う。ちょっと空気読めないヤツっているじゃない?
そのちょっと困ったちゃんなヤツが、笑いながらいきなりこう言い出したんだ。 
ちょっとだけ顔が石田壱成に似た奴だったので、ここでは仮名として壱成とする。 
外を見る。暗い。時間は1時か2時位だったと思う。 
まだ明るい内から飲んでたので、カーテンはしいてなかった。 
そのガラスの向こうに…いた。 
丁度左肩がこちらに一番近い形で、向こうを向いたおっさんが立っている。 
やけに猫背で、ぴくりとも動かない人間がベランダに立っている。 
ベジボンの部屋は2階。人が立っている訳が無い。 
仮にイタズラとしても、何の得があって…と言うか、その佇まいが、生きてる普通の人間のそれでは無いんだよね。 
さっきまでの盛り上がりは既に無く、皆真っ青な顔をして…
終いには、すすり泣きし始める女の子まで出てくる始末。 

暫くすると、そのおっさんがいつの間にかいなくなっていた。 
ベジボンいわく、数時間前からそのおっさんはいたらしいのだが、 
突っ立ったまま1階と2階とを上昇・下降を繰り返していたらしい。
ベランダの床をすり抜ける様にして。そのままの姿勢で。 
そして最後に、「昨日まではいなかった人なんだけどね、何もしなければ実害は無いと思うよ」と付け加えた。 
ちょ、ベジボンさん、その言い方他にもいるんすかw 

もう楽しい飲み会をやる様な場では無くなってしまった。 
俺も冷静に周りを見てる様な書き方をしてはいるが、正直ガクブルで、早く暖かい所に行きたい様な気分でいっぱいだった。

でもね、またいるんだよ。そのおっさん。
どうやら、さっきのベジボンの言う事は本当らしい。別に疑ってはいなかったが。 
そこで何を思ったか、殆どヘベレケ状態だった壱成が立ち上がって、
「オラァ!テメェさっきから何なんだよ!!」と、おっさんに向かって怒鳴りながら向かって行った。 
普段なら『何コイツwマジ勘弁して欲しいんですけどww』と笑って見ていられるのだが、状況が状況である。 
取りあえず壱成を止めようと、立ち上がろうとした時に見てしまった。 
おっさんがこっちを向こうとして、ゆっくりと回転してるのよ。 
『回転』と書いたのは、その動きが人間や動物の動きではなく、
まるでカラクリ人形や、電気仕掛けの玩具みたいな動き方だったから。 
そこで俺の恐怖度MAXですよ。 
行き過ぎた恐怖と、壱成に対する『ちょ、お前何やってんの』が、絶妙に最高の状態で混ぜ合わさったのかな。 
キレたwもうね、完全にキレた。 
無我夢中で壱成を掴んで倒して蹴り入れてたと思う。周りの奴らに速攻で止められたがw 

その後、いつの間にかおっさんはいなくなってた。 
で、壱成に謝りまくった。ちょっと泣いてたな、あいつw 
いや、俺も男だからケンカ位した事あるけど、基本穏健派だからむやみに人殴ったりしないんだけど。 
真夜中に暴れたせいで隣の部屋の人からは怒られたが、ベジボンにはちょっとだけ褒められたw 
「あのまま壱成を放っておいたら、どうなったか分からない。お前がやらなかったら、俺がやってたと思う」と